2019年に販売終了を発表しているVW「ビートル」ですが、早くも次世代型に関する情報を入手しました。

詳細画像はこちら

Autocar誌によると、次世代型は4つのドアを持ち、完全EVとして復活する計画があると、同ブランドCEOのヘルベルト・ディース氏とチーフデザイナーであるクラウス・ビショフ氏がコメントしているようです。ただし、最終決定には2〜3年かかるとも伝えられているため、流動的ではあるようです。

詳細画像はこちら

この写真は2017年に公開された4ドア「IID Crozz コンセプト」ですが、別途入手した情報によれば、VWが電動車用に開発した新世代モジュラープラットフォーム「MEB」を採用。「ビートル」の特徴あるフロントマスクデザインを継承したハッチバックスタイルや、「ザ・ビートル」のホイールベースを延長したスタイルなどが検討の対象となっており、駆動方式は初代のRWDが復活する可能性があるようです。

初代「ビートル」(タイプⅠ)は、1938年から2003年の65年もの間発売され「カブトムシ」の愛称で親しまれていました。1998年には第2世代「ニュービートル」が登場。4代目『ゴルフ』などの「A4」プラットフォームを採用し、FFへと進化し2010年まで販売されています。そして「A5」プラットフォームを採用した最終型「ザ・ビートル」は、2011年に発表されました。初代より全長、全高、全幅が拡大されたのも特徴です。そしていよいよ第4世代へバトンが渡されることになります。

ワールドプレミは、早くとも2021年以降となりそうです。

APOLLO

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

販売終了したVW・ビートル、次世代型はEV、しかも4ドアで復活の噂(http://clicccar.com/2018/07/13/608748/)