明日、7月14日(土)より、全国公開される映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』の本編の抜き映像が、予告編に続き公開された。今回、初めて公開されたのは主人公の二人がバンド「しのかよ」を結成することになるワンシーン夕暮れの港町を二人が歩く美しいシーンだ。

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』本編映像

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は、『惡の華』や『ぼくは麻理のなか』などで知られる押見修造の漫画が原作。

主人公の一人、志乃を演じるのは現役モデルにして『幼な子われらに生まれ』に出演、女優としても注目を集める、南沙良。喋ろうとすると言葉に詰まり、自分の名前すら上手く言うことができず、一人ぼっち高校生活を送る志乃のもどかしさは観ているだけで胸がつまる。

そして、もう一人の主人公・加代を演じた蒔田彩珠。ここでは彼女に注目したい。蒔田は、2002年8月7日生まれ、15歳の高校1年生。まさに今回演じている加代と同世代だ。7歳の時に子役としてデビューし、是枝裕和監督が手掛けたTVドラマ『ゴーイング マイ ホーム』(2012)では、オーディションで是枝監督に見出され、阿部寛の娘役の座を射止めた。是枝監督からは「非常に柔軟性があって、勘もすごくいい。何も心配していない」と、その演技を大絶賛されたとのこと。その後も『三度目の殺人』(2017)、『万引き家族』(2018)にも出演するなど、是枝裕和監督作品の常連組に。ほかにも2018年公開の『友罪』『猫は抱くもの』など、話題作に出演しているのも、その高い演技力が評価されているから。

今回、蒔田が演じる、加代はクラスの中で浮いている志乃に接し、ただ一人、一緒にバンドをやろうと誘うちょっぴりクールな役。音楽とギターが好きなのに音痴というコンプレックスがあるアンバランスさ、そして優しさとぶっきらぼうさを併せ持つ加代を等身大で演じている。

蒔田は本作について、「上手に感情を表に出せない志乃と、上手に人と接することができない加代。私は普段そんなに感情を表に出さないので、加代が感情的になるシーンは自分の奥底にあるものを表現するようで難しかったです。撮影が進んでいくにつれて、加代の気持ちが変化していくのと同じように、二人の距離感も、自分の気持ちも、どんどん変わっていきました。作品を通して、リアルな気持ちの揺れ動きが観てくださる方に伝わればいいなと思っています」と語っている。

そして本作では蒔田が猛特訓し、挑んだギターの演奏も見どころ。今回の撮影に合わせ、二か月間で劇中の楽曲を習得している。そしてそんなギターの腕前もさるものながら“音痴の演技”にも注目。クライマックスでは蒔田の渾身の歌声と演奏が観るものの胸に迫る。

本作で描かれているのは、高校生の少女たちの青春。しかし、その青春は辛く苦しい。少女たちは出会い、心の内を叫ぶことで、まるで呪いのような周囲からの嘲笑や自己嫌悪を撥ね退けていく──。役と同世代の二人が演じるリアル。10代のもがき苦しむ姿は同世代はもちろん、大人の心にも響く。

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は新宿武蔵野館ほか7月14日(土)全国順次公開。