文・取材:村田征二朗

 2018年7月13日都内某所にて新日本プロレスプロレスが、7月14日から開催される“戦国炎舞 -KIZNA- Presents G1 CLIMAX 28”(以下、G1)の記者会見を行った。会場では、新日本プロレスとのコラボ限定版の発売を8月9日に控えたスパイク・チュンソフトプレイステーション4/Steamソフトファイヤープロレスリング ワールド』(以下、『ファイプロW』)を使ったG1予想企画も開催。また、『ファイプロW』発売後に配信が予定されているダウンロードコンテンツ(以下、DLC)の内容も一部明らかになった。


【画像14点】「新日本プロレスの記者会見でG1 CLIMAX 28の優勝者を『ファイプロW』で大胆予想!? 発売後に配信予定のDLC内容も明らかに!」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 予選の予想結果が示された後には、真壁刀義選手と松本朋幸プロデューサーによる試合解説とともに、会場内のスクリーンに『ファイプロW』で予想されたG1決勝戦の模様が映し出された。


 『ファイプロW』によるG1優勝予想の後、『ファイヤープロレスリング ワールド 新日本プロレス PREMIUM EDITION』に同梱される新日本プロレスとのコラボグッズも紹介された。パッと見は完全な新日本プロレスグッズにも見える“ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン”仕様のTシャツタオルオカダ・カズチカ選手を始めとした選手たちのミニフィギュアなど、真壁選手はクオリティーに感心しつつも、自分がグッズ化されていないことに対し「なんで俺をここに呼んだ!?」と思わずぼやく場面も。


 会場内で明かされた情報でも要注目なのが、『ファイプロW』発売後に配信予定のDLCだ。現時点では第3弾までのDLCの配信が予定されており、内容が明かされた第1弾と第2弾を見るだけでもファンには垂涎ものだ。

 DLC第1弾は、『ファイプロシリーズの過去作でファンから大きな支持を得た、プロレス団体を運営するモードファイヤープロモーター”だ。自分だけのオリジナル団体を立ち上げ、選手の雇用から育成、強化、他団体との提携や興行の実施、グッズ販売など、プロレス団体運営をとことん体験できる。配信は2018年秋を予定しており、価格は2160円[税込]を予定しているとのこと。


 DLC第2弾はストーリーモードの追加シナリオとなっており、2017年から2018年までの新日本プロレスジュニアヘビー級の世界を体験できる内容になっているという。新ストーリーとともに、先日開催された『ファイプロW』の冠大会『ファイヤープロレスリング ワールドPresents BEST OF THE SUPER Jr.25』シリーズで活躍したジュニアヘビー級の選手たちも追加で収録されるとのことだ。価格は1600円[税込]となっており、こちらも配信は2018年秋を予定しているそうだが、第1弾からは多少期間を開けての配信を予定しているようだ。

[収録予定選手]
獣神サンダーライガー
タイガーマスク(4代目)
・邪道
ウィルオスプレイ
SHO
YOH
ロッキーロメロ
バレッタ
・高橋裕二郎
ドラゴン・リー
ほか

 DLC第3弾の内容や配信時期はまだ明らかになっていないが、こちらも新ストーリーの追加が予定されているという。こちらは詳細の発表を楽しみに待つとしよう。

 プレイステーション4ダウンロード版では、ゲーム本編のみの“通常版”に加え、ゲーム本編に加えて上記3つのDLCをまとめた“シーズンパス”がセットになった『ファイヤープロレスリング ワールド デジタルデラックスエディション』を10584円[税込]にて配信する予定とのこと。なお、購入特典としてオリジナルテーマも付いてくるようだ。

 また。本日より飯伏幸太選手とケニー・オメガ選手のふたり、“ゴールデンラヴァーズ”が『ファイプロW』をプレイしている様子を収録した紹介トレーラー第3弾も公開された。ソファに座って『ファイプロW』をプレイしていたケニー選手の周りにいつの間にかリングが出現しているという、なかなかブッ飛んだ内容になっているので、こちらも要チェックだ。