極太麺の上に盛られた赤いウインナーとろみのある茶色いソース名古屋観光に来て初めてあんかけスパの存在を知った人もいるはず。近年は女性ファンも急増中のなごやめしの元祖は、「スパゲティハウス ヨコイ」にあり。知られざるあんかけスパの魅力を紐解いていこう。

【写真を見る】ミラカン(950円)。ヨコイの代名詞!ミラネーゼとカントリーという2つの商品の組み合わせで生まれたメニュー

あんかけスパ誕生までのヒストリー

あんかけスパが生まれたのは1960年代。丸栄ホテル(現・名古屋国際ホテル)で洋食シェフを務めていた横井博さんが、デミグラスソースミートソースヒントに、あんかソースを考案したことに始まる。その後、友人と一緒に共同経営した「スパゲティハウス そ〜れ」で提供して世に知れ渡った。

「ヨコイ」が誕生したのは横井さんがそ〜れから独立した1963年のこと。当時の名古屋にはスパゲッティ専門店がなく、極太麺やとろみのあるソースは、斬新すぎて受け入れがたい存在だった。初めて食べる人には酷評されたが、出前や深夜営業をしていく中で元祖の味にハマる理解者は拡大。なごやめしの代表格にまで登り詰める。

■ 創業以来受け継がれるとろとろソース

ヨコイ最大の特徴は、独特なとろみがあるソースタマネギニンジンなどの野菜と肉を原型がなくなるまでじっくり煮込み、冷蔵庫で1週間しっかり熟成。味付けは塩とブラックペッパー中心のシンプルなもので素材の旨味を引き出している。デンプンによってとろみたっぷりに仕上がったソースは、口に運ぶたびにまた欲しくなる。まさに魅惑のソースだ。

ランチタイムとアフター5の楽しみ方

ランチタイムは一品注文ごとに手作りポテトサラダコールスローが付いてくる(一部商品を除く)。2種類の日替わりランチも人気だ。

アフター5にオススメしたいのが「ジェントルマン(1550円)」。スパゲティ各種(950円以内)に日替わりのおつまみサラダビールもしくはグラスワインが付くちょい飲みセットだ。会社帰りのサラリーマン、出張きっかけで来店した人の夜ごはんとしても人気を博す。

ヨコイオリジナルソーススパゲティは、店頭および名古屋市内のスーパーで購入でき、おみやげとしても大人気だ。あんかけスパ以外にも、卵と混ぜてオムレツにしたり、天津飯のあんにも代用できちゃう優れもの。持ち帰ってオリジナルアレンジメニューを楽しむのもあり!あんかけスパの元祖は楽しみ方いろいろ、ぜひ足を運んでみよう。(東海ウォーカー・桑山 栞)

栄エリアの中でも飲食店が多く立ち並ぶ住吉通りの角にある。ビルの2Fに店舗を構える