実在する建設機械を操作して,さまざまな建設作業を体験できる「コンストラクション シミュレーター 2015 日本語版」「デモリッション カンパニー ゴールド エディション 日本語版」など,マニアックシミュレーションゲームを多数紹介してきた4Gamerだが,今回紹介するのはゲームでもなく,もちろん,実機でもない。

 本格RC(ラジオコントロールモデルダイキャストカーなど, ホビー製品の製造・販売を行う京商が,1/50にスケール ダウンした建設機械 油圧ショベル赤外線コントロールモデルKOMATSU PC1250-8(HG)」を発売する。希望小売価格は2万3000円(税別)だ。


 建設機械メーカーとして世界的にその名を知られる“コマツ”の油圧ショベルリアルに再現しており,2009年10月に発売された「KOMATSU PC1250-8」をグレードアップさせたハイグレード版という位置付けになるようだ。今回のグレードアップでは,機体に内蔵するクラッチを強化し,引き上げトルクを大幅に向上させて,30gまでのおもりを引き上げられるようになったとのこと。これにより,より重い物を持ち上げられるようになり,重機としてのリアルさが向上したようだ。

 また,操縦は付属の4スティック6ch専用送信機で行い,実機と同様の操作パターン(JIS方式)なので,実機と変わらない操作性になっているとのこと。手元のスティック操作で,左右無限軌道の前進・後退,ブームの上下,アームの上下,バケットの掘削/ダンプ,上部旋回体(乗員搭乗部分)の左右回転といった油圧ショベルならではの操縦を楽しめるようだ。

 どんな動きができるのかは,用意されているPVを観てもらったほうが話が早い。とくにバケットを利用して自力では登れない高さに油圧ショベルの車体を持ち上げる&降ろすところは注目ポイントだ。実際の工事現場などでもベテランオペレータが使うような高度なテクニックが披露されており,写真や動画を見るかぎりでは,実際の油圧ショベルをそのまま小さくしたという言葉がぴったりだ。

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>
建設機械メーカーとして世界的にその名を知られる“コマツ”の油圧ショベルリアルに再現本格RC(ラジオコントロールモデルダイキャストカー等、 ホビー製品の製造・販売を行う京商株式会社(本社:神奈川県厚木市、 代表取締役社長:渡邉 克美)が、 1/50にスケール ダウンした建設機械 油圧ショベル赤外線コントロールモデルKOMATSU PC1250-8(HG)』(価格 ¥23,000+税)を発売いたします。




ムービー(※4Gamerへジャンプします)

実機のようなリアルな動きはPVでチェック
合計6chのマルチファンクションによる動きは、 まさに実機そのもの! 京商製品の公式Youtubeでは上記の操作方法に関する説明に加え、 実機の油圧ショベルトラックに車載する際などに行う、 高度な技術を要する方向転換の様子も公開していますので、 ぜひチェックしてみてください。  

“コマツ”の油圧ショベルリアルに再現して、 2009年10月に発売を開始した『KOMATSU PC1250-8』がグレードアップして登場。 今回のグレードアップでは遊びの幅をさらに広げるべく、 新型のクラッチシステムを採用することで引き上げトルクを大幅に向上し、 30gまでのおもりを持ち上げることが可能になりました。 また、 建設機械のスケールダウンモデルにふさわしい、 手に取った時のズッシリとした重量感は所有欲を満たしてくれます。


セットに付属する専用送信機も実機に用いられる操作パターン(JIS方式)を採用、 実機と同等の複雑な動きをコントロールすることは誰もが夢中になることまちがいなし! 加えて、 A、 B、 Cの3種の赤外線チャンネルラインナップしているので、 3台の同時操作も可能です。 組立て不要の塗装済み完全完成車体なので、 車体用と送信機用のアルカ乾電池を購入するだけですぐに遊べることも本商品の魅力といえるでしょう。

(製品詳細はこちらから)
http://rc.kyosho.com/ja/excavator-komatsu-pc1250-8/

■Product Outline
KOMATSU PC1250-8』とは?
車体重量109,900kg、 全長16,020mm、 全幅5,355mm、 最大掘削半径15,350mm、 最大掘削深さ9,350mm(標準のブーム、 アーム装着時)の大型油圧ショベル。 主に鉱山、 砕石場や大型土木工事で活躍。 大型油圧ショベルに求められるさまざまな要素を備えています。


ブラックのバケットを搭載し、 ブームの左右両面に“KOMATSU”のロゴを配した輸出仕様を再現。 部屋の中でもディスプレイが楽しめる全長365mmの1/50スケールを採用。



■6ch Multi Function Operation
6チャンネルマルチファンクションで実機と同等の操作性を実現
左右無限軌道の前進・後退に2chブームの上下に1ch、 アームの上下に1ch、 バケットの掘削/ダンプに1ch、 上部旋回体(乗員搭乗部分)の左右回転に1chという、 合計6chのマルチファンクションによるアクションが楽しめます。 操作方式も実際の油圧ショベルに採用されるJIS方式に準拠しており、 見た目だけでなく、 動きや操作性も含めて実機をリアルに再現していることが大きな特徴です。



セット内容】
■塗装済完全完成車体 ■6ch専用送信機

テクニカルデータ
■全 長 : 365mm
■全 幅 : 115mm
■全 高 : 250mm
■全備重量:約450g
【走行までに必要なもの】
■送信機用:
アルカリ006P(9V)電池1本
■車体用:
単4アルカリ電池4本

―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/999/G999905/20180713147/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.

実在する“コマツ”の油圧ショベルを外観から操作感までスケールダウンした本格RCモデルが京商より発売