19歳で10番を背負い、6試合で3得点をマークピッチ上では若さは関係ない」

 フランス代表は現地時間15日、ロシアワールドカップ(W杯)決勝で20年ぶりの優勝を懸けてクロアチア代表と対戦する。決勝トーナメントではアルゼンチンウルグアイベルギーと強豪を次々と撃破してきた“レ・ブルー”だが、W杯制覇を公言する19歳のFWキリアン・ムバッペについてMFポール・ポグバは「野心的になるのは構わない」とピッチでは年齢は関係ないとした。「Omnisport」が報じている。

 フランスデンマーク。ペルー、オーストラリアと同居したグループCを首位通過。決勝トーナメント1回戦でFWリオネル・メッシ率いるアルゼンチンを撃破すると、その後もウルグアイベルギーと下して自国開催の1998年大会以来となる決勝進出を果たした。

 なかでもチームを牽引しているのが、“将軍”ミシェル・プラティニや天才司令塔ジネディーヌ・ジダンも背負った10番を19歳にして託されているムバッペだ。圧倒的なスピードと勝負強さで、ここまで全6試合に出場して3ゴールを記録。今大会でさらにスターダムを駆け上がっている。

 中盤で攻守を支える25歳のポグバも、6歳年下の後輩を頼もしく見ているようだ。

「ムバッペはまだ若い。それは周囲も彼自身も分かっている。だが、ピッチ上では若さは関係ない。もし彼が自分は最高の選手だと言って、それを証明したとしても、何も問題があるとは思わない」

「彼はやりたいことを言っているだけだ」

 ムバッペが生まれた1998年は、自国開催のW杯でフランス代表が世界一に輝いたメモリアルイヤー。ポグバによれば、19歳の神童も「タイトルを獲りたい」と公言しているという。

「自惚れではなく、彼はやりたいことを言っているだけだ。そのために全力を尽くすだろうし、それだけの才能もある。それに対して周囲がどう考えるかだが、悪いことではない。野心的になるのは構わないし、あの年齢では良いことだと思う」

 ムバッペが15日の決勝で母国にタイトルをもたらした時、本当の意味での“神童”となりそうだ。(Football ZONE web編集部)

フランス代表MFポグバが後輩ムバッペについて持論を展開【写真:Getty Images】