ホンダの軽スポーツカーS660」が登場して3年。筆者はトランクのない小さなオープンカーをマイカーとして迎え入れ、この車でいろいろな場所に行った。屋根を開ければ地域の空気が感じられるので、春は目黒川流域の狭い道を走りながら満開の桜を堪能し、冬は表参道で満天のイルミネーションを楽しんだ。

【写真を見る】満開の桜咲く目黒川とS660。道幅が狭い目黒川流域もS660ならスムースに走ることができる

なにより運転が楽しく、小さなボディサイズゆえに取り回しに苦労しない。実用性は恐ろしく低いものの、生きる活力を与えてくれるS660を買ってよかったと心の底から思っている。

ホンダはそのS660に若干の仕様変更モデルと、上位グレード「Modulo X」を市場投入した。仕様変更は主にカラーリングであるが、オーナーにとって気になるのは「Modulo X」というグレード。はたしてこのモデルは一体何なのか。さっそく試乗することにした。

Modulo Xとは何か?

クルマの解説をする前に、まずModulo Xとは一体何か、から話を始めたい。ホームページによると「Honda車を知り尽くした熟練エンジニアが、ベースとなる車両に、さらなるこだわりと、時間と、情熱をかけて磨き上げた、コンプリートカー」とある。ここで登場する「Honda車を知り尽くした熟練エンジニア」が車両開発の段階から車を仕上げてくれればいいのだが、そうはいかない事情がある。この「熟練エンジニア」は、車両設計を行う本田技術研究所ではなく、純正アクセサリーパーツを手掛けるホンダアクセスに在籍しているのだ。

ホンダアクセスは、アクセサリーの販売という範疇を超えた、かなりアクティブな会社だ。長年SUPER GTGT500クラス「Epson Modulo NSX-GT」に関与しているほか、今年から「Modulo KENWOOD NSX -GT3」としてGT300クラスに参戦。

さらに近年人気のスーパー耐久シリーズにも昨年からチャレンジし、「Modulo CIVIC TCR」はST-TCRクラスにおいて、昨年はシリーズ2位、今年も第3戦終了時点で2位以下を大きく引き離す独走状態だ。

これらはホンダアクセスブランドModulo」のPR活動が主な目的だが、SUPER GTでは自社設計ホイールを供給。そのデザインは今回のS660用ホイールにも受け継がれている。さらに社員自らも社内サークル活動「モータースポーツ部」として、軽自動車の耐久レース「K4グランプリ」などに参加。自ら開発したパーツを車両に取り付けレースに参戦している。

モータースポーツスポンサードする会社は多いが、社員自らレースに参加しているという話はあまり聞いたことがない。社員自らがデザインし、モータースポーツというフィールドで戦い、そこで得た知見が商品開発に結び付くというPDCAサイクルを回していることは、想像に難しくないだろう。実際「Hondaを知り尽くした熟練エンジニア」は、このモータースポーツ部に参加しているという。

さらに普段はエアロパーツ等を設計するデザイナー陣も、社内サークル活動の一環として、カスタムカーを作り上げ毎年「東京オートサロン」の会場に出展している。近年ではS660ベースに、丸味を帯びたデザインに仕上げた「S660 Neo Classic」で訪れた人の度肝を抜かした。

担当者に以前「この車を販売するのか?」と尋ねたことがあるのだが「勢いで作っただけで、売れないですよコレ」と笑いながら答えたから、さらに驚いた。

そのような社員たちを束ねる松居社長は常識にとらわれない人物。例えばレースウィークピットウォーク時には、自らノベルティを配布。さらに別会場で展示されている自社の車を磨きながら、来場者にフランクな口調で商品説明を行う。ここまでアクティブな経営者は日本に少ないのではないだろうか。ちなみに松居社長は、社員が定年退職する日の夜に食事会を行い、長年務めてきた労をねぎらうという人情厚い人物でもある。

そのような自由な企業風土とクルマ好きが集まれば、カーライフを積極的に楽しむアクセサリーだけでなく、自分たちの車を作りたくなるのは当然の流れ。そこで生まれたのが「Moduloブランドであり「Modulo X」というコンプリートカーなのだ。

■ 時間をかけて作り上げたコンプリートカー

Modulo Xは、軽自動車N-ONEを皮切りに、ミニバンなどすでに4車種を市場に投入している。今回のS660 Modulo Xは初のスポーツカーであり、相当な気合いが入ったモデルであることは想像に難しくない。

とはいえ、S660の販売開始と同時に彼らはModuloブランドでサスペンションやホイール、ブレーキ関連、エアロパーツの販売を開始しており、これらを組み付けて「コンプリートカー」として販売できた筈である。その点について彼らに話を聞くと、意外な答えが返ってきた。

「現在販売しているアクセサリーを手掛けている時から、開発部隊の間ではコンプリートカーを作りたいという話は上がっていました。しかし会社からOKが出たのは、S660の販売が始まってしばらく経ってからのことです」

「それから北海道にある本田技術研究所のテストコースで相当走り込みをしました。もちろん雪道も走っていますし、プロドライバーの土屋さんからもアドバイスを頂いたりもしました。Modulo Xという名前をつけても恥ずかしくない、納得ができる1台に仕上がりました」と開発陣は言葉すくなくも、その目からは自信のほどが伺えた。

筆者は、てっきり発売して3年が経ち、最初の車検を迎えるユーザーへの買い替え需要を狙ってかと思っていたのだが「それができるほど私たちは器用ではありませんよ」と笑われてしまった。

しかし、メーカー保証の効く間に乗り換えを検討する人は少なからずいるわけで、さらに残価設定ローンで購入した者には、このまま乗り続けるか、S660 Modulo Xに乗り換えるかの決断の時が迫っている……。

■ 空力と脚回りを徹底的に磨き上げた自信作。軽自動車初の減衰力調整機構を搭載!

S660 Modulo Xについて説明をしよう。外観で目につくのはフロントマスク。インラインLEDフォグランプを配置した、ここ最近のHondaデザインとなっている。

注目は空気の流れを検討したとのことで、フロアー下をはじめとして、各所にボルテックス・ジェネレーターを配置。この位置で相当車の動きが変わるそうで、最後の最後まで調整を行ったそうだ。

サスペンションは軽自動車としては初となる減衰力調整機構を搭載。専用の工具を用いてユーザー自身で簡単に5段階調整を可能としている。なお車高はオリジナルS660と同じ設定だ。

車内はレザーシートをはじめとして、差し色にボルドレッドを採用。モノトーンのオリジナルS660とは異なる室内空間を演出している。メーターにはModulo Xのロゴが入る。

新車装着率が15%2割を超えるというオプション「リアアクティブスポイラー」も標準装備。フロントエアロバランスに合わせて、ガーニーフラップが設けられている。

そのほか、ブレーキとホイールはModuloブランドから既発売の物を標準採用。以上がオリジナルModulo Xとの違いとなる。

車両本体価格は285120円と、S660のαグレードに比べて約60万円アップ! しかし既発売のモデューロアクセサリーディーラーで買い求め工賃を含めると100万円超するため、価格としては妥当なところなのだろう。

■ 乗らなければよかったと思える完成度の高さ

ノーマルS660一般車の中では相当足の硬い車だ。そのS660ベースとして、クルマ好きが作ったスポーツカー、しかも減衰力調整は最も硬い状態に設定しているということで、筆者は覚悟して試乗に臨んだ。

しかし乗った瞬間、その覚悟は杞憂に終わった。結論から先に申し上げると、ノーマルS660より乗り心地がよいと断言する。しかも減衰力設定が最も硬い状態でだ!スポーツカースポーツモデルの中で、S660 Modulo Xは「柔らかさの最右翼」といえる。

細かな振動は確実に吸収しつつも、確かな芯の強さを感じさせる乗り味は、スポーツカーというよりもグランドツーリングカーに近い感覚。国産車で、この乗り味に似たモデルは思い浮かばず、欧州プレミアムブランドのコンパクトハッチ、なかでもアウディを彷彿させるものがある。スポーツカーや乗用車のスポーツモデルの中は、運転者は楽しいけれど、助手席には苦痛を伴う物があり、筆者の両親が乗るハッチバックスポーツモデルもその典型だ。母は車に乗るたびに「こんな車を買ってきて」と父を罵り車内はいつも険悪だ。しかしS660 Modulo Xならその心配はない。硬い脚のスポーツカーは前時代的であるとModuloが提唱しているように思えた。

さらに直進安定性が向上しており、浮足立ったところが感じられないのも美質。ノーマルと比較しなければここはわかりづらいかもしれないが、4本のタイヤがしっかりと路面についていることを感じさせて安心感がある。これが最後までこだわったエアロの力なのだろう。この安定度と乗り心地、高速道路では絶対に有利に働くハズだ。

ではModulo XはS660からスポーツカーの要素を取り除いたのかというと、そうではない。自分を中心に車が動くという感覚はそのままに、さらにステアリングの入りがスムースで蛇を切ると、ノーマルよりも鋭くインに切れ込んでいく。ノーマルS660も切れ込みが鋭いが、さらに鋭い。試乗後に自分のS660で試乗した道を走行したのだが、あまりの違いに驚いてしまった……。

ドリルドローターとスポーツパッドからなるブレーキは、ブレーキング時に「シャー」という音はするものの、初期制動を重視しているノーマルとは異なり、速度コントロールブレーキタッチに重きをおいたもの。安心して峠がダウンヒルできるだけでなく、街中でもカックンブレーキになりづらいだろう。

これらS660 Modulo Xの良さは、サーキットではなく、一般道で得られるというのが最大の魅力。スポーツモデルの楽しい領域というのは、かなりの速度を出さないと味わえない場合がある。しかしS660 Modulo Xは、法定速度の範囲内で車の楽しさ、いい物を手に入れたという充足感が十二分に味わえる。これは消費者に近いエンジニア達が、自分たちも含めたユーザー目線の、実際の利用環境に則したモノづくりをした結果だ。

■ 最初からコレで売ってほしかったと言いたくなる完成度

「最初からこの状態で売ってほしかった」と文句を言いたくなるほどの完成度の高さ。現在ノーマル状態でS660に乗っている人は、乗らない方が身のためだと思う。なぜなら欲しくなるから。S660オーナーである筆者も「乗らなければよかった」と後悔している。

コンパクトカーやミニバン、SUVなどいろいろな車を乗りついだ人にこそ、このS660 Modulo Xを一度乗ってほしい。釣りはフナに始まりフナに終わるというが、マイクロスポーツカーS660 Modulo Xは「クルマの楽しさが再認識できる」最高の一台。クルマ遊びのゴールはここにある。(東海ウォーカー・淺野倫孝)

S660 Modulo X