久保帯人の新作読み切り「BURN THE WITCH」が、本日7月14日発売の週刊少年ジャンプ33号(集英社)に掲載されている。

【大きな画像をもっと見る】

「BURN THE WITCH」はドラゴンと呼ばれる異形の存在が実在する世界を舞台に、それを保護・管理する少女たちを描いた一編。ジャンルラブコメとされており、計62ページの大ボリュームで展開されている。

また12月4日に発売される「BLEACH」のイラスト集「JET」に付属する192ページの限定コミックに、「BURN THE WITCH」が収録されることも決定。限定コミックには「BLEACH」の最初期の設定画や未公開の扉絵ラフなども収められる。このほか今号には「青春兵器ナンバーワン」の長谷川智広による、映画「BLEACH」の試写会ルポマンガBLEACHと僕」も掲載された。

なお週刊少年ジャンプ33号では、同誌の創刊50周年記念企画を多数展開。表紙には連載作家が、自作のキャラクターと歴代ジャンプ作品で好きなキャラクターを並べて描いたイラストを使用しており、鳥山明井上雄彦の対談、秋本治こちら葛飾区亀有公園前派出所」の新作エピソード、歴代連載作家97名が寄せる「WJにレジェンド凱旋!歴代漫画家コメント集!!」などが収録された。さらに表紙の歴史を振り返る小冊子「週刊少年ジャンプ50周年記念!歴代ジャンプ表紙ギャラリー!!」も付属している。

「BURN THE WITCH」の扉ページ。(c)久保帯人/集英社