緊急事態をオペレーターを介して警察や消防署へと繋ぐイギリスの「999」。このほどグレーター・マンチスター警察が、週末にかかってきた多くの999通報を受けて「電話をする前に再度、考えてほしい」と市民に呼びかけた。『Manchester Evening News』などが伝えている。

このほどグレーター・マンチスター警察が、7月7日(土)午前7時~9日(月)午前7時までに受けた緊急通報が8,000件を超えたことを明かした。緊急事態が発生した際に警察や消防署へ繋ぐオペレーター番号「999」への通報は5,229件、「999」よりも緊急性が低い事態が起こった時のオペレーター番号「101」への通報は3,121件という結果となり、過去2年で最多の通報件数となった。

その中でオペレーターやグレーター・マンチスター警察を唖然とさせた例として、ある女性からの「999」通報の音声クリップメディアにより公開された。女性は999オペレーターが電話に出るやいなや、まるで友人にでも話しかけるかのように砕けた口調で「犯罪を通報したいんだけど」と切り出した。「何が起こったのか」と尋ねる女性オペレーターに、電話の向こうの女性は驚くべきことを口にした。

「昨日、眉毛を手入れしてもらってから眉ティントをしようと思って美容院を予約したわけ。それで向かったんだけど、眉を抜かれた時にかなり痛くて。それにパッチテストもしてくれなかったの。」

女性にとっては、この事態が“犯罪”に値すると思い通報したのだろう。しかしオペレーターは女性の話を途中で遮りこう伝えている。

「それは警察が対応すべきことではありません。もし処置が気に入らなかったのであれば、消費問題を取り扱う『Trading Standards(取引基準局)』へ連絡してください。」

すると女性は「わかった。あなたたち警察が対応しないのなら自分で対応するわ」と言い電話を終えた。このような前代未聞ともいえる「999」への緊急通報に、グレーター・マンチスター警察のイアン・ピリング警視監補は改めて注意喚起を促した。

「我々警察は、受けた緊急通報全てにベストを尽くして対応しています。しかしながら今週は、警察の介入を必要としない通報が多すぎました。これによって本当に助けを必要としている人たちへの対応が遅れてしまうのです。特にこの暑い時期の中、週末に飲酒をする人も増えるでしょう。加えてワールドカップもあります。これらの理由が重なって週末の通報が増えたといってもいいぐらいです。市民全員を救う気持ちは、当然我々は常に持っています。しかし、個々が責任ある行動を取ることも大切です。緊急通報する際には、もう一度その通報が本当に必要なのか否かを考えて頂きたい。」

このニュースを知った人からは、「緊急通報で、迷惑コールをする人たちには罰金を取るようにすればいい」「眉ティントの女、なんなの?」「そんなことぐらいで999に電話するなんて、頭が悪いとしか思えない」「でもこの女だけじゃなく、999への迷惑コールって本当に多いよね」「本気でこの国、なんとかしないと相当ヤバい」といった声があがっている。

画像は『Manchester Evening News 2018年7月9日付「Woman calls 999 to report beauty therapist for ‘hurting her’ when she plucked her eyebrows」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト