7月16日(月)に、沢村一樹主演の“月9”ドラマ絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(毎週月曜夜9:00-9:54※7月16日(月)は9:00-10:09、フジテレビ系)の第2話が放送される。

【写真を見る】沢村一樹の貴重なエプロン姿を公開、似合ってる!

元公安のエリート刑事・井沢(沢村)率いる“未然犯罪捜査チーム(=ミハン)”の活躍を描く本作は、AIが殺人を犯す可能性の高い危険人物を割り出す“未然犯罪捜査システム(=ミハンシステム)”を使い、未来の犯罪を未然に防いでいく物語だ。

テレビジョンでは、プロデューサーを務める永井麗子氏にインタビューを実施。第2話の見どころと共に、個性的なミハンメンバーの一人、横山裕演じる山内徹の魅力を紹介する。

第1話では、前シリーズ主人公で謎の失踪を遂げた捜査員・桜木(上戸彩)の元バディ・山内(横山裕)がミハンに配属された。当初は違法捜査であるミハンのやり方に戸惑う山内だが、目の前で起こるかもしれない重大犯罪を阻止するべく、捜査に協力するように…。

正義感が強く、まっすぐな性格であるがゆえに傷つきやすい山内。そんな彼に、永井氏はどのような思いを込めているのか。

「山内は桜木が失踪してから心を閉ざしていました。しかし、井沢をはじめ、ミハンの一筋縄ではいかない人たちと触れ合う中で、彼の中で止まっていた時間が少しずつ動いていきます」

「山内は不器用なので、表立つことはありませんが、仲間思いなんだと思います。だから、ミハンメンバーの過去を知っていく中で、成長し、熟成していく。正義感があり葛藤も多いので、山内を演じる横山さんは大変だなと、いつも現場で見ながら思っています(笑)

■ 桜木泉の失踪とミハンの関係性とは?

関ジャニ∞の一員として、さらに個人としてもさまざまな作品に出演をする横山だが、永井氏が考える横山の人物像とは?

トップアイドルであるのに、ご本人は気さくでニュートラル。一方で、秘めた繊細さもすごく感じますし、真面目であるが故に不器用そうなところも、山内という役に合っていると思います」

山内とバディを組んでいた桜木は一人前の捜査員として成長するも、山内に「やらなければいけないことがある」と言葉を残し、突如として姿を消してしまう。独自に行方を追っていた山内だったが、彼のもとに桜木が遺体で発見されたという報告が…。

「桜木はなぜ失踪し、何をしていたのか。その謎は、ミハンシステム全体の物語にも絡んでくるんです。ですので、最後まで見てください!」

そんな中でも、ミハンシステムは稼働し続ける。第2話の危険人物は、創作料理店の総料理長を務め、こども食堂の運営もする料理人・早紀(黒谷友香)。闇社会で生きる人物がターゲットになった第1話と違い、早紀は一見、善良な市民のようだが…。

「第1話は“保身”や“欲”をテーマにしていましたが、今回はちょっと趣向の違う人物が割り出されます。社会的地位があり、美人で、子どもたちにボランティアをしているような人が、なぜ人を殺す必要があるのか、という謎を追ってきます!」

■ 第2話あらすじ

ミハンチームの井沢(沢村一樹)と山内(横山裕)は、失踪していた特殊班捜査員・桜木(上戸彩)がベトナムで殺害され、遺体となって発見されたことを知る。

ミハンの責任者・東堂(伊藤淳史)は、元バディの死に山内がショックを受けたであろうと配慮し、捜査から外そうとする。しかし、山内は平静を装って、捜査を続けるという。

ミハンが割り出した危険人物は、料理人の早紀(黒谷)。早紀は、有名創作料理店の総料理長であると同時に、13年前から子どもたちに食事を提供する「こども食堂」の運営にも取り組んでいた。

ミハンが早紀を危険人物だと判断したのは、植物から抽出した毒物を海外から仕入れていたこと。さらに、すでに遺言状を作成しており、死を覚悟している可能性も考えられた。

小田切(本田翼)は、料理人志望者と偽り早紀に接近。井沢も、「こども食堂」のスタッフとして潜入する。ほどなく井沢たちは、早紀が世間を震撼させた少年犯罪“関東女子高生連続殺人事件”について調べていたことを知る。そして、その犯人が最近、少年刑務所を出所していたことが分かる…。

井沢たちは、彼女の悲しい殺人を未然に止めることができるのか!?(ザテレビジョン

7月16日(月)放送の「絶対零度ー」(フジテレビ系)は15分拡大