「年下って、なんかイマイチ頼りなくて、恋愛対象外かなー」なんて言っているあなた、ほんとにそれでいいんですか?

今回は、年下の男性にキュンキュンさせられた!という女性の素敵なエピソードを3つ、ご紹介します。年下君ならではの魅力にはまるのも、案外いいモノかもしれませんよ?

泣きそうな顔で……

まずは、こんな可愛い胸キュンエピソードをどうぞ。

「会社の後輩の男の子、ちょっと頼りないんだけど繊細で可愛いんです。でも、『可愛い』どまりで、男としては見れないなぁ……というのが正直な感想でした。

そんなある日、私が仕事で致命的なミスをしてしまって。落ち込んでる私を、彼が飲みに誘ってくれたんです。

『愚痴を聞くくらいしかできないけど……』と言ってくれた彼に、つらつらと仕事の愚痴や弱音を吐いていたら、泣きそうな顔になって、『僕は、◯◯さんがつらい時に何も助けてあげられない。僕がもっと頼りになる男だったら、ちょっとはあなたの役に立てたのかな』って。

弱っていたときにその言葉が心にしみて。あぁ、こんなに私のこと思ってくれてる人がいるんだな、って。相変わらず今も頼りないんですが(笑)、なんだかその頼りなさがキュンキュンしてしまうようになりました」(27歳/企画営業)

年下の男性ってただでさえ頼りないのに、母性本能をくすぐられたら、落ちちゃいますよね。

尊敬していると言われて……

次は男らしさを感じる胸キュンエピソードです。

「3歳下の彼は私の直属の部下。仕事もすごくできる有望株です。私と仕事での相性も良くって、私になついてくれている感じ。

彼と2人で残業をしていた時、私が『すごく仕事頑張ってるよね。ウカウカしてると、追い越されちゃうから、私も頑張らないとね』と言ったら、『頑張らないでください。僕、尊敬してるマネージャーを追い越して、マネージャーに尊敬されたいんです!』って。

「尊敬してる、なんて言われてびっくり!でも、その日以来、彼の姿を目で追いかけている自分がいます」(30歳/メーカー勤務)

必死に男として成長しようとしてくれる。そんな彼の「男気」にこの女性は惚れてしまったのかも。

「男としてみてよ」と言われ……

最後は、ドラマティックなエピソードを。

「大学からの腐れ縁の後輩の男の子。弟みたいな存在で、仲は良かったけど恋愛関係にはなってなかったんです。先日、2人で飲んでいるときに、『あんたも早く彼女作りなよ~。私に紹介してよ』なんて言ってたら、なんと、いきなり抱き寄せられてキスされました。

『俺は男だよ?いい加減、俺のこと、男として見てくれよ。ずっとあんたに惚れてるのに』って。なんだかその言葉にどうしようもなく感動して……今では彼が恋人です」(32歳/広告代理店

「男として見てほしい」。これってつまり、相手は自分を女として見ている、っていうこと。ストレートな愛の告白が、ときに心を揺さぶるのです。

年下でも男は男!

可愛いけど、なんとなく頼りない、なんてイメージがある年下男性。

でも、年下だってれっきとした男。ふとした時に、そのたくましさや力強さを感じることがあるはずです。そんなとき、あなたはどうしますか……?

(愛カツ編集部)

iStock-953019840 (1)