現代は、生きづらさを抱える人の多い時代です。それはママであっても同じこと。

【夫婦】夫にはわかるまい!理解されない「ママ達の苦悩」あるある6選

怒り、嫌悪、嫉妬、いらだち。

人の親になったからといって、こういったネガティブな感情がなくなるわけではありません。誰にでも、苦手な人はいるでしょうし、時にはうんざりするようなこともあるでしょう。

ですが、ママ友のつきあいや、子どもにはネガティブなところを見せたくないという想いから、自分の負の感情を押し殺していませんか?その結果、なんだかわからないけどモヤモヤする・・・ということに。

正体のわからないものはこわいですよね。

そのモヤモヤ、ちゃんと向き合ってみれば、案外、おそれるに足らないものかもしれません。それどころか、自分でも気づかなかった宝物の探知機になるかもしれませんよ!

作家、ブロガーでメンタルコーチであるワタナベ薫さんの26冊目の著書『生きるのがラクになる ネガティブとの付き合い方』(マガジンハウス)を参考に、ママ友ライフの生きづらさ軽減方法を探っていきたいと思います。

ママだって人間

ママ友のSNSを見てうっすらモヤモヤする人。笑顔で接していても、実は顔を合わせるのが苦痛なママ友がいる人。口には出さずとも、ママ友ライフにもそれなりのストレスはあります。

そこに子どもがからんでくると、さらにモヤモヤは複雑に。たとえば、苦手なママ友の子どもと、自分の子どもの仲が良い時など、モヤモヤしますよね。

そのモヤモヤを放置していても、状況は改善しません。ママ友ライフの生きづらさを軽減するには、自分のモヤモヤと向き合うしかないのです。

もちろん、嫌な人や苦手な人をとことん排除して、付き合わないのもひとつの方法ですが、嫌いな人なんてどこにでもいるもの。それに、実は多くの人が避けたいのは、嫌な人そのものというより、その人と接した時に自分の中にうまれるドロドロした感情なのではないでしょうか。

ワタナベさんは言います。

「自分の中にあるネガティブな感情を嫌わないでください。どんな人にもネガティブな部分はあり、それと同時にバランスよく、美しい部分も持ち合わせているのです」

まずは吐き出してみよう

ネガティブを避ける傾向は、どの社会にもみられることです。特にママには、子どもには美しいものだけを見せたい、と思って、黒いものにふたをしてしまう人も多いのでは?

その結果、つらいのにつらいと言えなかったり、嫌なのに断れなかったりすることが増え、自分の感情がわからなくなることも。押し殺された感情はいつか爆発してしまうかもしれませんし、精神的な病を招く可能性だってあります。

湧きあがった感情がたとえ負の感情でも、否定したり、ジャッジしたりせず、まずは認めてあげてください。ひとりの部屋で声に出して吐き出すなり、ノートに書きなぐるなり、方法はいろいろあります。

大事なことは、感情をとにかく言葉に表すこと。そうやって、存在を認められた感情は、暴走をやめていきます。

その上で、その感情と向き合う作業に移行していくのが良いようです。モヤモヤ、ワサワサした心のまま、感情に向き合おうにも、その感情がどんな感情なのか、わかっていない状態では向き合いようがありませんよね。

ネガティブポジティブは表裏一体」の本当の意味

よく聞く言葉でも、実は本当に意味を理解していない言葉ってあります。「ネガティブポジティブは表裏一体」もまさにそんな言葉だと思うのですが、この言葉を、実際の体験に当てはめていくと、なるほど、と目からウロコが落ちるかも。

ですが、くれぐれも、無理やりポジティブな意味合いを見つけ出すのではなく、順を追ってやってください。

ワタナベさんはプロセスを次のようにまとめています。

  1. 自分の中のマイナスを知る
  2. マイナスを認める
  3. その対極のプラスを知る

たとえば、ママ友がマイホーム購入の話をしている時に、おめでとうと言いながら、心は穏やかでなかったりします。

ひとりになって自分の内面を見つめていると、初めのうちは、「持家なんて、ローンに追われるだけじゃないの」「旦那にだけ働かせて、いい気なものね」など、複雑な心のうちが出てくるかもしれません。ですが、どんどん掘り下げるうちに、「うらやましい」というシンプルな感情があることに気づきます。

何のことはない、自分もマイホームが欲しかったのです。妬みの先には憧れがあったのです。それを素直に認めたくなかっただけなのですね。

居場所を与えられた感情は、それ以上暴れることはなくなります。一見ネガティブな感情をみつめていくと自分の中にあるポジティブな信念がみつかる、ということがわかれば、ネガティブな感情が湧きあがった時は、自分の中の自分も知らないステキなことに気づく最大のチャンスということなのですね。

自分の本当の気持ちがわかったうえで、「じゃあ、どうしたい?」と自分に聞いてあげてください。渦を巻いていた気持ちがほどけて、現実にも変化が訪れるかもしれません。

負の感情の裏にあるものとは?

人の幸せが喜べなくてもOK

自分以外の人がみんな幸せにみえて、人の幸せを素直に祝えない経験、誰にでもあると思います。そんな時、「私はなんて性格が悪いんだろう」なんて落ち込まなくても大丈夫

人が人の幸せを喜べるのは、自分自身が満たされて幸せな時です。逆に、人の幸せが喜べない時というのは、「自分を労わりなさい、愛しなさい」という警告が発せられている時ということです。

そんな時には、自暴自棄になって、「どうせ私は不幸!」と開き直るのではなく、なにかひとつでも、どんな小さなことでも、自分が喜ぶことをしてあげることです。

たとえば、家族にウケないからメニューから外れていた、実は自分が大好物のレシピの料理を、自分だけのために作ってあげるとか。そんなことから、大きな幸せにつながっていくのです。

すべてのことには教訓がある

いつも同じような問題や嫌な人に悩まされる、と感じることはないでしょうか。

またこのパターンだ、と気づいても、そこから抜け出せなかったり・・なんで?! と思うかもしれませんが、答えは簡単。その問題についての対処法をまだ学んでいないからなのです。

似たような問題にぶち当たった時、「うわ~、いやだ、まただ・・」と思うのと、「お、これは自分の問題解決能力が試されているのね」と思うのとでは、問題がもたらす意味がまったく違ってくるということは、理解できると思います。

嫌いな人を無理に好きになる必要はありませんが、「この人(出来事)は自分に何を教えているのだろう」「これを乗り越えたら、どんな益が自分にもたらされるのだろう」と問い続けることが大事なのですね。

例えて言うなら、自分が主演している映画をスクリーンの外から見ているような感じでしょうか。同じような出来事が繰り返し起こるということは、同じ映画を何度も見せられるようなもの。どんなに好きな映画でも、苦痛ですよね。

さっさと教訓を引き出して、次の映画に行きましょう!

まとめ

いかがでしたか?

好きな人とだけつきあっていれば楽ですが、嫌いな人や接していてなにかモヤモヤする人もまた、あなたになにかをもたらしてくれる存在なのです。次にネガティブな感情が訪れたら、歓迎とまではいかなくても、心のドアは開けておいてくださいね

本書には他にも、実際に役立つ、苦手な人への対処法やワークも載っています。とことん自分の闇と向き合いたい方は、ぜひご一読を。