西日本の記録的豪雨に伴い被害に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます。

歴史的な豪雨に伴う各地での被害拡大を受け、シャンティ国際ボランティア会は、広島県岡山県愛媛県に職員を派遣し、被災地の状況やニーズ調査を開始しました。今後、被災された方々へ必要な支援を届けられるよう、被災者に寄り添って支援活動を行ってまいります。

シャンティ国際ボランティア会(会長 若林恭英/所在地 東京都新宿区)は、阪神・淡路大震災東日本大震災等での被災者支援をはじめ、国内外で発生した自然災害後の緊急救援・復興支援活動をこれまでに64回(海外39回、国内25回)行ってきました。
▽本リリースの印刷用PDFデータ
http://sva.or.jp/press/20180713pr.pdf
■広島、岡山、愛媛に職員を派遣し、被災者のニーズ調査と物資配布を開始。
今回の豪雨による被害は広域に渡り、道路の断絶などで被害状況の把握が困難な地域も存在します。まずは被災地の状況やニーズを把握し、現地の関係者と連携しながら、支援活動を行ってまいります。

【職員派遣先】
広島県(7/12~)三原市、呉市、広島市
岡山県(7/14~)倉敷市、真備町、岡山市
愛媛県(7/12~)西予市野村町

【配布予定物資】
配布先 :広島県愛媛県内の避難所
配布品目:マスクぞうきん、除菌ウェットティッシュ、冷却シート、生理用品など女性や子どもが必要としているもの etc
愛媛県西予市の避難所で物資を配布
<募金受付中>
1)クラウドファンディンサイト「Readyfor」
https://readyfor.jp/projects/SVA-201807

2)インターネットクレジットカード
http://sva.or.jp/er-donation/domestic.html

3)郵便局(郵便振替)
 口座番号:00170-8-397994
 加入者名:SVA緊急救援募金
*通信欄に「平成30年7月豪雨」と記載下さい(振込手数料は無料)


被災地の現状と被災者の声「水道が使えず在宅避難も難しい」

愛媛県西予市
  • 水道が使えず、在宅避難も難しいため、避難所の合併や閉鎖などの目途はたっていない(40代、男性)
  • 小学校は物資受け入れと配布場所にもなっている。7月12日には自衛隊が仮設風呂を設置してくれた。お米は中学校の給食室などで炊いているが、食事は地元のNPOなどに頼んでおかずなどを(避難所に)届けてもらっている。(50代、男性)

広島県三原市】
  • 最大500人いた避難所も現在は50人に。自衛隊が給水活動をしており、外部からひっきりなしに水を取りに来ている。自衛隊お風呂の提供は15時23時。(市職員)
  • 三原市では16日まで断水。敷地に井戸水があり、それで生活用水はしのいでいる。(寺院関係者)

厳しい暑さの中、広島県三原市や愛媛県西予市では、断水が続いています。

今後、被災された方々へ必要な支援を届けられるよう、 被災者に寄り添って支援活動を行っていまいります。

【本件に関するお問い合わせ先】
公益社団法人シャンティ国際ボランティア
160-0015 東京都新宿区大京町31 慈母会館2・3階
TEL: 03-5360-1233  FAX: 03-5360-1220

配信元企業:公益社団法人シャンティ国際ボランティア

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ