7月13日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)に、エアレースパイロットの室屋義秀選手がゲスト出演。中条あやみパイロットの生活に目を輝かせる場面があった。

【写真を見る】海外でも絶大な人気を誇る室屋義秀選手は子供たちからもサイン攻め

室屋選手は世界的なエアレースレッドブル・エアレースワールドチャンピオンシップ」に、2009年から唯一の日本人として参戦。

レッドブル・エアレースは飛行技術とタイムを競うスプリントレースで、最高時速370kmで巨大なパイロンの間をすり抜けていく競技。

飛行中はF1レースの2倍に相当する「12G」もの負荷が肉体にかかるという過酷な競技で、室屋選手は2017年アジア人として初めて年間総合優勝の快挙を達成した。

テレビレッドブル・エアレースを見たことがあるという中条は「すごい興奮して、この仕事やってみたいなって(笑)」と話し、エアレースに興味津々の様子。

また、大学在学中の20歳の時にアメリカパイロット免許を取得したという室屋選手に、今田耕司が「(最初は)飛ぶことに関して実際は怖くなかったですか?」と質問。

「怖いっていうよりは『うわ、すげっ!』『いやー、たまんねぇな』っていう感じでしたね」と室屋選手が笑ってみせると、今田は「そっちの人間やないと無理やわ」とトップアスリートの精神力に驚きの声を上げていた。

放送終了後のSNS上には「エアレースは日本ではまだまだ知られていないから、もっと取り上げてほしい」「今田も言ってたけど、空を飛べる人は“別世界”の住人って感じで憧れしかない」などのメッセージが寄せられていた。

次回、7月20日(金)放送の「アナザースカイ」には白石麻衣ゲスト出演する予定。(ザテレビジョン

エアレースをやってみたいと口にした中条あやみ