8カ国争奪戦の末にJリーグ入り 約2万円のユニフォームは「全くもって安くない」

 元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは現地時間10日、J1サガン鳥栖への加入を発表した。7月下旬にはJリーグデビューの可能性があり、日本のサッカーファンも心を踊らせているが、スペイン紙は新ユニフォームの「金額」に注目を寄せている。

 今季限りでアトレチコ・マドリードを退団したトーレスは、中国やアメリカオーストラリアからの関心が取り沙汰されてきた。また、鳥栖移籍発表後にはフランスイングランドドイツスペインからもオファーがあったことが明らかになり、引く手数多のなかでJリーグ挑戦を決断したようだ。

 リバプールチェルシーACミランビッグクラブで活躍してきたトーレスは、日本での人気も絶大。鳥栖移籍で日本のサッカーファンも沸くなか、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は、「トーレスユニフォームはすでに販売、値段は143ユーロ! 衝撃的だ」と特集を組み、その金額に驚いた様子を見せている

トーレスユニフォームは全くもって安くない。日本のクラブは1万8900円の値札をつけた。それは換算すると、143ユーロになる。この購入額は非常に高いものだ。だが、日本ではそれほど珍しくない金額のようだ。例えば、アトレチコのレプリカユニフォームも、値段はそれほど変わらない。ちなみにサガン鳥栖は、トーレスの子供用ユニフォーム136ユーロ(約1万7800円)に設定している」

 日本で販売されているユニフォームの価格は、海外ファンから見ると悲鳴を上げたくなる設定なのかもしれない。


Football ZONE web編集部)

サガン鳥栖への加入が決まったトーレス【写真:Getty Images】