AbemaTVの新レギュラー番組『アオハル♥LINE』が7月12日に放送された。

同番組は、お笑いトリオ・パンサーの向井慧、タレント朝日奈央、モデル・中島健、モデル・里々佳をスタジオMCに迎え、全国各地に住むお互いの顔も名前も知らない現役高校生の男女6人が、コミュニケーションアプリLINE」のグループに入会し、顔と名前を伏せた状態から「LINE」上でのやりとりを繰り返すなかで、恋に落ちて行くまでを追いかける“LINE恋愛リアリティショー”。

番組内では、想いを馳せる相手から届く「LINE」のメッセージに一喜一憂する様子や、恋焦がれた相手を初めて目の前にした時の緊張の瞬間など、“青春=アオハル”いっぱいの様子を楽しめる。

この日の放送回では、お互いの顔も本名も知らない状態で、コミュニケーションアプリLINE」のグループに入会した、「LINEネームダンク(大阪在住の17歳)、しらたき(埼玉在住の17歳)、サムライ(福岡在住の17歳)の男子高校生3人と、サマー(青森在住の17歳)、ビーバー(京都在住の17歳)、おもち(沖縄在住の16歳)の女子高校生3人が各々の特技を披露した動画を「LINE」に投稿するなどして、交流を深めていく様子をお届けした。



バスケットボール回しやキックボクシングなどそれぞれが自慢の特技を披露するなか、女子高生メンバーのサマー(17歳)は“川で石の水切り”を披露。特技と言いつつも2回しか水を切ることができなかったことから、男子高校生メンバーから「特技ちゃうやん」と総ツッコミが入った。その様子を見て、朝日は「サマーちゃんが、うまいこと可愛らしい部分出してきましたね」と感心しつつも、「女性からすると、石投げ2回しかできてないじゃん。(確信犯で)やってんなって思っちゃう」と女性目線で本音を告白した。

一方で、「男性からしたら、可愛いツッコミどころもあるから、ああいう女の子はモテるんだろうなと思う」とその小悪魔さを称賛すると、視聴者からも「水切りはできなくても可愛いし、最初の「エイッ」って(掛け声も)ニヤける。くぅー」と共感の声が寄せられた。

番組の後半では、「交際して初めて迎える彼女の誕生日に、プレゼントを贈るなら?」というお題に沿って男子高生メンバーたちがそれぞれ選んだプレゼントを、女子高生メンバー達が各自の部屋で開封する様子が放送された。中でも、「やばいんだけど」「めっちゃおしゃれ」と女子高生メンバーが大絶賛だったのが、しらたき17歳)が贈ったJILLSTUARTの化粧ポーチ。スタジオでその様子を見ていた朝日と里々佳は「(女心)わかってる! 女の子はJILLSTUART大好き♡」と共感のあまりに声を揃えて反応。また、サムライ17歳)が贈った砂時計に直筆の手紙を添えたことに対して、女子高生メンバーがかなりの好感触を示したことに、向井は「直筆の手紙ってこんなにくるの!?」と驚愕。MC陣は、今週もイマドキの高校生たちのリアルな実態を大いに楽しんだ。



その他、視聴者からも「毎秒ニヤニヤできる」と大反響だった、現役高校生たちのリアルな「LINE」のやりとりの様子や、番組未公開映像は、見逃した番組をいつでも視聴できる「Abemaビデオ」にて、無料で閲覧可能なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

関連画像キャプション