HKT48の岡田栞奈(かんな)さん(21)が、宝塚歌劇団の団員と食事に出かけたことをツイッターで報告したところ、一部の宝塚ファンから「ルール違反だ」との批判が寄せられ、謝罪に追い込まれる騒動があった。

宝塚ファンの間では、現役団員のプライベートな情報は公にしないことが暗黙の決まりとなっているという。こうした指摘を受けた岡田さんは、掲載許可を得た上での投稿だと説明したが、それでも「到底信じられない」との批判が収まらなかったのだ。

「プライベート情報は門外不出なので...」

岡田さんは2012年HKT48の2期生としてデビュー。13年9月発売のシングルメロンジュース」で選抜メンバー入りした。「おかぱん」の愛称でファンに親しまれたが、16年3月に学業に専念するとしてグループを卒業した。

卒業後もSNSでの情報発信を続けており、元HKTメンバーらとの交流を伝えることもしばしば。そのため、現在でも彼女の投稿にはグループファンからリプライ(返信)が寄せられる。

そんな岡田さんは18年7月12日深夜、「今日は銀座で宝塚の方々さまとご飯してました」と報告。さらに、星組男役スターの七海ひろきさんも同席していたとして、

「七海ひろきさんかっこよすぎて せっかく隣座ってくれたのに距離感あけすぎて帰ってから後悔 また次お会いした時リベンジ!舞台も観に行きます」

と続けた。投稿には、グラスを掲げる岡田さんの自撮り写真が添えられていたが、劇団員の写真は掲載していなかった。

こうした食事報告ツイートが、宝塚ファンの間で物議を醸すことになった。岡田さんの投稿に対して、

「現役のタカラジェンヌの方のプライベートな事はSNS等での発信NGが基本です」
「OGの方も現役生に関しては漏らしません」
「プライベート情報は門外不出なので、削除お願い致します」

など、ルール違反を指摘するリプライ(返信)が寄せられたのだ。

「配慮不足だったと反省しています」

こうした指摘に対し、岡田さんは「写真はNGですが文面での記載の許可をちゃんと頂いて書いています」。だが、一部の宝塚ファンがこうした説明にも納得せず、

「到底信じられないのですが?お金を支払ってお食事会に行くファンの気持ちを考えませんか?」
「岡田さんの宝塚ツイートはほんとに見たくなかった」
「まだ現役の宝塚の男役さんとの交流を公にされてしまうとファンの気持ちとしてはキツイものがあります」

といった批判や、投稿の削除を求め始めたのだ。

結果として、岡田さんは13日夜に更新したツイッターで、

「私のSNSをみて傷ついてしまった方がいること、宝塚さんのファンの皆さまからのコメントを沢山頂き、宝塚さんのファンの方々への私の気持ちの配慮不足だったと反省しています」

と謝罪。「先日の記事は削除させて頂きます」として、問題視された投稿を削除したことを伝えている。

こうした騒動をめぐってツイッターネット掲示板では、「本人がOK出してるんなら外野がとやかく言う事じゃなくね?」「ローカルルールを破ってるのは許可だした宝塚の人間だろ」などと岡田さんに同情するユーザーが続出。

そのほか、宝塚ファン側からも、

「心無い言葉が多数届いていたらと思うと心苦しいです。申し訳ありません」
「そもそも今回は許可をだしたタカラジェンヌ側が謎なので岡田さんは何も悪くありません」

といったリプライが寄せられていた。

宝塚ファンの「暗黙のルール」とは