W杯準決勝でフランスが1-0勝利、守備的戦術をベルギーの選手たちが非難

 フランス代表は現地時間15日、ロシアワールドカップ(W杯)決勝でクロアチア代表と対戦する。自国開催だった1998年大会以来の優勝を懸けた大一番を控え、エースのFWアントワーヌ・グリーズマンは13日の記者会見に出席。準決勝で対戦し、フランスの守備的な戦術を「アンチフットボール」と批判したベルギー代表GKティボー・クルトワに対し、「ティボー・クルトワはチェルシーバルセロナフットボールをしていると思っているのかい?」と反論した。英紙「デイリーメール」が報じている。

 フランス代表は準決勝でFIFAランキング3位のベルギーと対戦。グリーズマンやFWオリビエ・ジルーも自陣で守備に奔走する時間を増やし、ベルギーのFWロメル・ルカクやMFケビン・デビライネにボールを収めさせず、カウンターを封じ込めた。

 試合は1-0でフランスが勝利したが、クルトワは「フランスアンチフットボールで臨んできた」と守備的な戦術を批判。主将FWエデン・アザールも「僕は、あんなフランスの一員として勝つのであれば、ベルギーの一員として負けたほうがマシだ」と悔しさを滲ませていた。

 クロアチアとの決勝戦を2日後に控え、グリーズマンは記者会見に出席。ある記者からベルギーからの批判について問われると、「それについては話し始めるな」と笑いながら口を開いた。


英紙は「グリーズマンがティボー・クルトワをあざ笑う」と報道

「ティボー・クルトワはチェルシーバルセロナフットボールをしていると思っているのかい? 僕はこのシャツに二つ目の星がほしい。それが全てだよ」

 グリーズマンは、クルトワが所属するチェルシーバルセロナのようなパスサッカーをしているか、と問いかけて“口撃”に対抗。フランス史上2度目のW杯優勝のためならば、いかなる戦術、批判も受け入れる覚悟を示した。英紙「デイリーメール」は、「グリーズマンがティボー・クルトワをあざ笑う」と報じている。

 果たして、グリーズマンはフランス世界一に導き、批判を称賛に変えることができるだろうか。


Football ZONE web編集部)

クルトワは守備的な戦術を批判したが、グリーズマンは、優勝のためならば、いかなる戦術、批判も受け入れる覚悟を示した【写真:Getty Images】