13日、イギリスメディアフォーフォー・トゥ』が「今大会のワーストイレブン」を独自に選出し、発表している。

 ロシアワールドカップも残すところ、3位決定戦と決勝戦の2試合となり、閉幕の時が近づいている。同メディアはそこで今大会のベストイレブンではなく、ワーストイレブンを発表。大会前の期待を大きく下回った選手を選出したようだ。

 まず、GKにはスペイン代表の守護神ダビド・デ・ヘアを選出。マンチェスター・Uでの活躍から大きな期待がかかっていたが、「ポルトガル戦は互角の戦いだったが、唯一GKが大きなミスを犯した」と同メディアは言及。ロシアワールドカップでは低調なパフォーマンスに終わったと伝えている。

 注目はポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ。今季ブンデスリーガ得点王に輝いたにも関わらず日本代表と同じグループHで得点量産はできず。母国を決勝トーナメントに導けなかった。同メディアは「29歳の彼は、セネガル戦とコロンビア戦においてゴール脅かすことはなく、守るのに熟練していた」と評価している。

 最多選出国はドイツで3人。続いてスペインポーランドが2名ずつ選ばれている。

 なお、『フォーフォー・トゥ』が発表したワーストイレブンは以下の通り。

▼GK
ダビド・デ・ヘアスペイン

▼DF
ジェラール・ピケ(スペイン
ジェローム・ボアテング(ドイツ
ジョシュア・キミッヒ(ドイツ
ラファエル・ゲレイロ(ポルトガル

▼MF
サミ・ケディラ(ドイツ
ハビエル・マスチェラーノアルゼンチン
ピオトル・ジエリンスキ(ポーランド

▼FW
トーマス・ミュラードイツ
ロベルト・レヴァンドフスキポーランド
ウスマン・デンベレフランス

英紙発表のワーストプレイヤーに選ばれてしまった選手たち [写真]=Getty Images