宮川典子(©ニュースサイトしらべぇ)

トレードマークにもなっている黄色のジャケットのような、元気な笑顔が弾ける。宮川典子衆院議員は、山梨県出身の39歳。母校の英語教師として5年間勤めた後、松下政経塾を卒業。

初出馬した参院選では苦杯をなめたものの、衆院選に転出して連続3期当選。今は、文部科学政務官を務めている。

■「なりたくない」と思っていた職業に

宮川さんは、なぜ政治家を志したのか。聞いてみると、意外な答えが… 

宮川:じつは、「この仕事だけには就きたくない」と思っていたのが、教師と政治家だったんです。祖父が教育長をやったり、母も高校の英語教師だったり従兄弟も弟も教師ですが、小学生の時に選挙がらみで担任の先生からいじめを受けまして。

山梨県は、教職員組合の活動が強い地域で、その先生も組合で政治活動をされていたようです。子供ながらに、「政治家と教師だけは嘘つきだ」と感じていたんです。

慶應義塾大学文学部に進んだ宮川さん。ところが、大学で教職課程を履修したことで、思わぬ人生の歯車が回り始める。

宮川:大学で「母親も持っているし」と思って教職免許を取ったら、母校から「免許を取ったなら、母校に恩返しを」というお誘いをいただき、「1年でもいいから行ってみるか」と思ったら5年間、中高で英語教師をやることになりました。

しかし、その5年の間に、2人の生徒を自殺で亡くしているんです。教科を担当していた子と亡くなる3ヶ月前まで担任を受け持っていたクラスの生徒でした。

■子供たちが希望を持てない社会に疑問

宮川典子(©ニュースサイトしらべぇ)

宮川さんは、亡くなった生徒が残した遺書とそれに対する生徒たちの反応から、大きなショックを受けたと語る。

宮川:一人の遺書には、「世の中が真っ暗に見える。どんなに頑張っても報われない社会だ」と書いてありました。

教頭先生が生徒たちに遺書を読んでくださったのですが、教室に戻ってきた生徒たちに「あのお手紙に書かれていたことの意味がわかる?」と聞くと、生徒たちは「わかる。共感できる」と答えました。

「こんな希望を持てない世の中じゃダメだ」と、強く感じました。子供たちが言っていたことが、私の学校だけのことなのか、全国にあるムードなのか、実地を見てみたくなったんです。そこで、松下政経塾に入塾しました。

松下政経塾といえば、数々の政治家を輩出しているが、宮川さんの夢は「学校をつくること」だったという。

宮川:政治家になりたかったんじゃないか」とよく言われますが、まったくそうではありませんでした。「一時的に立ち止まってしまった自分を再生できるような、子供たちのための新しい学校をつくりたい」というのが目標でした。これまでの日本にはない、多種多様な学びがあるような学校です。

松下政経塾では、さまざまな場所に研修に行きました。ところが、必ず制度や行政の壁にぶつかる。現状が子供たちのニーズを受け止められていない教育体制なのに、「これが一番正しい」と思っている大人たちがたくさんいるのです。

半分、怒りのような思いがあって、「誰かが風穴を開けてくれないかな」と考えていました。

■変えるべきはよりよく変えるのが「保守」

宮川典子(©ニュースサイトしらべぇ)

しかし、「誰かに開けてほしかった風穴」は、自らが開けるという急展開になった。

宮川:2010年参議院選挙自民党の候補者が決まらず、地元の新聞に「自民、不戦敗か」と報じられて。「誰もやらないなら、私がやらなきゃ」と思って初出馬したのが、30歳の時でした。

この選挙には敗れたのですが、10歳の時になくなった父の口癖が「誰が行かなくても自分で行け」だったんです。正義感が強くて、不条理が許せない父でした。落選して浪人生活を送っていた時はとても辛かったですが、今もこの選択を後悔していません。

私は自民党の議員ですが、保守とは「体制を守ること」だとは考えていません。守るべきものは守り、変えるべきものは勇気をもって変えていく。それが真の「保守」だと考えています。

初挑戦の宮川さんは、18万票あまりを集めたが、約3700票差で落選。2年5ヶ月雌伏の時を過ごした後、自民党が与党復帰した2012年衆院選で初当選を果たす。

■教育制度にもっと選択肢を

宮川典子(©ニュースサイトしらべぇ)

学生時代から教育システムや教育行政の研究をしてきた宮川さん。文部科学政務官を務める今も、その思いは熱い。

宮川:選択肢の多い社会をつくることが大切だと思います。たとえば、「高校卒業は絶対に18歳」とは法律に書いていない。17歳で海外に行って、5年くらい高校を休学してもいい。今は社会の同質性を打破することができず、留学だって1年くらいしかできないでしょう。

大人になって、もう一度高等教育を受けようと思っても、今のキャンパスには幅広い年代の方が多くいるわけではありません。40代の大人や18歳以下が大学生になっていてもいいはず。15歳で大学に入ったり100歳から短大に通ってもいいのに、ある一定程度の世代のために高等教育機関があるように感じます。

本当に6-3-3-4制を守らないといけないのか、私の中ではずっと疑問です。

教育制度の問題は、経済や社会全体にも波及していく。

宮川:大学生だった時に、「新卒」という言葉に違和感を覚えたんです。これも、制度がつくってしまった年齢区切りのひとつです。新卒採用にこだわる会社は、社会の中にたくさんの価値やチャンスが埋まっていても見えないんですね。

そして、「学歴給」ともいえると思うのですが、お給料にヒエラルキーがある。中卒・高卒・短大卒・大卒、それぞれ働く時期を自分で決めているだけなのに、「◯歳で学校を卒業したか」などというものは、人の能力を図る尺度として信用に値しません。これは、生徒たちが彼らの生き方で実証してくれたことです。

「いつでも、どこでも、誰でも、何度でも、チャンスアクセスできる社会」を実現するための教育システム改革が必要だと考えています。

■「月経関連疾患」をライフワークに

宮川典子(©ニュースサイトしらべぇ)

最近しばしば耳にする月経前症候群PMS)。それも含めた月経関連疾患は、宮川さんが議員として取り組んでいるテーマのひとつだ。

宮川:最近は、食生活の変化もあってか生理が始まるのが早かったり、運動している子供たちの中には無月経の女子も少なくありません。早くから手立てしないと、後になって不妊症の原因やガン化にもつながる子宮内膜症のリスクもあります。

10代前半から起きている問題なのに、30代で子供をつくろうと思った時に、このことを初めて知る場合もある。女性が健康的に暮らせないことによる経済的・医療的なロスは、ものすごく大きいのです。

月経関連疾患を軽減させるためには低用量ピルを使用したほうがいいとされていますが、日本ではピルについても根強い誤解があります。

ある時、街頭演説で月経についての話をしたら、女子高生もおばあさんも、多くの女性の皆様が足を止めて聞いてくれました。「声なき声」というのは、こういうところにあるんだな、と。今まで光が当たっていなかったところに光を当てることが、政治の役割だと痛切に感じました。

■高校生が「あ、典子じゃん!」

宮川典子(©ニュースサイトしらべぇ)

もともとは望みもしなかったと語った、教師という仕事に就くことになった。しかし、そこで自らも学び、手に入れたものが多かったようだ。

宮川:今の私の得意技は「小学生ハイタッチすること」なのですが、これは教師時代に生徒につけてもらった素養です。今でも、高校生事務所に寄ってくれたり、街頭演説をしている時に、女子高生が「あ、典子じゃん!」なんて言って私のツイッターで読んだことを質問してくることも。

生徒たちからすれば、「もともと学校の先生をやっていたらしいし、うちらの言うことも聞いてくれるんじゃない?」という感じなのかもしれません。

自分が卒業した母校で教鞭をとったので、生徒たちには先生でありながら先輩という存在。「宮川先生」じゃなくて「典子先輩」「典ちゃん」と呼ばれる距離感が続いているのは、地元で教師をやっていた強みでしょうね。

■山梨の政治スタイルを変える

宮川典子(©ニュースサイトしらべぇ)

山梨県といえば、かつては「ドン」とも呼ばれ、自由民主党副総裁を務めた金丸信氏や、堀内派の領袖・堀内光雄元総務会長など、大物議員を輩出してきた土地柄。若い女性の政界進出には、一部に批判的な声もあったという。

宮川:女性が自民党から国政選挙に立候補するのは、私が県内で初めてだったんです。30歳になりたてというのも珍しかったと思います。貯金もほとんどなかった私に、「お前の家を売ったらどれくらいの金になるんだ?」なんて聞かれたりもしました。

でも、そんな山梨の政治のスタイルを私たちの世代で変えたかった。トップダウンではなくボトムアップで、物を配ったりお金を配ったり、当たり前のようにルールを破る選挙のあり方を。

初チャレンジは残念ながら落選してしまいましたが、そのすぐ後に統一地方選挙があって、地元に若手議員が一気に増えたんです。当選された方に「典ちゃんが山梨の選挙を変えてくれたから当選できたんだよ」って言われたのは、ものすごく嬉しかったですね。

「女性だから変えやすかった」という面もあるかもしれません。最初はたしかにセクハラパワハラもたくさんありましたが、今や笑い話として語れるようになりました。今言われるのは「結婚しろ」くらいです(笑)

■カラオケを一番最初に歌う理由は

宮川典子(©ニュースサイトしらべぇ)

衆院議員と政務官を兼務し、プライベートの時間はなかなか取れないという宮川さんだが、趣味や素顔についても聞いてみたところ…

宮川:政治活動を始めてから、1日どころか半日も休んだことがなくて…。元々ずっと水泳をやっていたのですが、身支度に時間がかかるスポーツなので、なかなかランニングみたいにはいきませんね(笑)

運動不足の面はあるので、なるべく地元のスポーツイベントには参加して、無理やりにでも体を動かすようにしています。

高校生の頃はバンドボーカルをやっていたので、支援者の皆様とのカラオケでは、一番最初に歌うのはいつも私です。始めに歌うのは、誰でも躊躇するじゃないですか。でも、政治家ですから恥ずかしがらずに歌っています。

・合わせて読みたい→日大OBの和田正人、アメフト部部員会見に「涙が出てきた」 母校へ苛立ちも

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

「月経関連疾患をライフワークに」 教育制度改革に挑む宮川典子政務官に聞く