イギリス不法滞在しておきながら、自らの立場を犠牲者のように申し立て年齢や名前を偽ったベトナム籍の女。このほど裁判が行われ、法を妨したとして懲役8かが言い渡された。『Daily Star』『Stoke Sentinel』などが伝えている。

ベトナム籍のデュオントリン(Duong Trinh)は2017年3月スタッフォードシャー州チードルにある美容サロンIsabella’s Nail and Beauty(イザベラズ・ネイルアンドビューティー)」を警察移民局が宅捜した際にトイレに隠れていたところを発見された。

その後、警察移民局の調べに対してデュオンは偽名を名乗り2000年10月17日に生まれた16歳だとをついた。さらに「人身売買される寸前で、から逃げてきた。戻されて見つかれば殺されるかもしれない」などと命の危機していることを訴えた。そして偽の身分で亡命者としての申請手続きを行い、16歳と信じた捜員や児童福サービス職員らはデュオンを里親ケアの保護下に置いた。

スタッフォードシャー州議会により里親を提供されたデュオンだったが4かほど経った頃、警察はデュオンが実は22歳であるという密告を受けた。そこでベトナム当局に確認したところ、デュオン1994年7月10日生まれであることがわかった。ベトナム当局が送ってきたデュオン紋や写真が一致したことから、警察はデュオン逮捕した。

このほど行われた裁判で、法妨の罪を認めたデュオンには8かの懲役刑が下された。しかし釈放後、強制送還となるかどうかについては現在協議が行われているという。里親ケアは納税者からの税で賄われており、デュオンが里親と暮らしていた間は週に500ポンド(約74,000円)以上をかけて、単なる不法滞在者を扶養していたことになる。

法廷で判事は「民の税は、本当に銭的な援助を必要としている人や、を必要としている子供たちに回せたはずだ。被告は重な当局の時間や財駄にし、納税者の税駄使いした」と糾弾した。また16歳をつき、ソーシャルサービスの手を煩わせ、人身売買の被害者になりかけたというデュオンを信じて引き取った里親も「新しい人生を始められるはずの子供たちを妨した」と怒りを露わにしているようだ。

このニュースを知った人からは「でもイギリス刑務所に入れたら、また民の税で扶養することになるだけじゃない。なんですぐに強制送還しないの」「この女、みんなを騙していたってことよね。こんな簡単に騙された警察移民局も問題があると思う」「最初の段階できちんと調しないからこんなことになるんだ」「イギリスにはこういうがきっとごまんといるだろうね」といったがあがっている。

画像は『Daily Star 2018年7月13日付「Fake teen’s jailed for refugee lie 」(BPM)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト