あるお笑い芸人集合時刻に遅れた理由を「向かい風が強くて前に進めなかった」と笑いを取っていたことがあるが、このほどアメリカ飲酒運転により捕まった男がそれに匹敵するような言い逃れをして世間のひんしゅくを買った。『CTV News』『New York Post』などが伝えている。

ロリダ州で先27日、アールスティーブンス・ジュニア(Earle Stevens Jr. 69歳)が飲酒運転により逮捕された。アールマーキュリーグランドマーキーを運転して、ベロ・ビーチにあるマクドナルドドライブスルーを訪れていた。

ところがアールは、ドライブスルーレーンで並んでいた前方のキアチャンブリスさん(Kia Chambliss)が運転するリアバンパーに何度もぶつけたという。キアさんが通報したことで、現場に警察官が駆けつけた。

警察官はアールく潤んでおり、アルコールの臭いに気付いた。そこで「気分はどうだい?」と尋ねたところ、アールは「実に良い気分だ」と答えたという。そして警察官はの助手席にある色の袋の中から飲みかけのバーボンジムビーム」のボトルを発見し、アールに「運転中にを飲んだのか?」と質問した。

しかしアールから返って来た答えは「No!」で、このように言い放ったそうだ。

「私は運転中には飲んでいません。信号で止まった時と停止線で止まった時に飲んだだけです。」

それこそ“飲酒運転”というものだが、あまりの予想外な言い逃れに警察も呆れたことであろう。検の結果によりアールは法制限で定められた数値の2倍もの血中アルコール濃度が確認され、飲酒運転に加え免許不携帯により逮捕された。

この事件を知った人達からは「面い!」「なんて素晴らしい答え方をしたんだ」「筋は通ってるのかも」などといった意見もあるが、「こんな人がいるからフロリダの保険が高いんだ」「いやいや明らか飲酒運転でしょ」といった批判もあがっている。

ちなみに後の調べでアール過去に二度、ミズーリ州にて飲酒運転により逮捕されていたことが分かった。アール現在、保釈1500ドル(約168,500円)を支払って釈放されており、今31日に罪状認否が行われる予定だ。

画像は『CTV News 2018年7月12日付「Florida man told officer he only drank when car stopped: authorities」(Indian River County Sheriff’s Office)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト