7月15日静岡・焼で開催された「第18回踊祭(おどらっかさい)」でSKE48ミニライブが行われ、ステージ青木詩織ら8人のメンバーが登場した。

【写真を見る】地元でのライブでセンターに立った青木詩織

今回のミニライブ焼津市大井町の合併10周年を記念したもので、焼出身で“やいづ親善大使”を務める青木センターに立ち、最新シングル「いきなりパンチライン」や「花火は終わらない」など7曲を披露。

「小さい頃から毎年来ていたので、そのお祭りでこうやってミニライブができるのは本当にうれしくて、きょうを楽しみに待っていました」と青木が感慨深げに話すと、メンバーも会場入りの様子を振り返り、「警備の人の数がすごかった」(福士奈央)、「めちゃめちゃVIPだった」(松村香織)と、地元での青木スターぶりに驚いていた。

ミニライブ終了後、「気持ち良かったですね。1ステージ通してセンターで踊らせていただくことは初めてだったので」と感想をった青木同期と立つ8月8日()「TBSカス2018-」のステージに向けても、「勉強になることがたくさんありましたし、私自身、まだまだ足りない部分も感じたので、それまでにちゃんと補いたいなと思っています。この経験から6期生に伝えられることもあるかなと思います」と意気込みを明かした。

また、SKE48キャプテン斉藤真木子青木が所属するチームKIIリーダー大場美奈にも終演後に話を聞いた。

――今回のステージの感想を教えてください。

斉藤:きょうは午前中に大阪で握手会があったので、大阪から静岡という流れだったファンの方も多くて、「1日楽しみだね」って握手会で話したりしていました。いつもだらだらしているところとか、甘えてくるところも見ている青木詩織ちゃんですけど、故郷を背負って一番前に立っている姿を見て、きょうはすごく頼もしく思えました。一緒に出ることができてよかったです。

大場SKE48の本拠地は名古屋ですけど、いろんな地方から来た子がいます。なおかつ、“地域振課”というくくりで活動しているのは他の姉妹グループにはない動きですし、それがこんな大きなお祭りへの出演にまで発展したのは、本当にSKE48のいい強みだと思います。これからも名古屋愛知だけでなく、焼の皆さんにも応援してもらえるSKE48して頑りたいと思えたライブでした。

――今はこれからもイベント出演が多数控えています。

斉藤全員で行くものから少人数で行くものまで、ことしはスタッフさんが「詰め過ぎたかも(笑)」って言うくらい、本当にたくさんのイベントがあります。普段は名古屋東京で活動することが多いんですけど、いろんな場所へ行って、SKE48を応援してくれている方の熱さを直接感じることで、10周年という記念すべき年にたくさんの方に支えられていることが実感できるんじゃないかと思います。これは本当に重なことだと思うので、体との勝負になるところもあるとは思うんですけど、一を一生懸命に取り組んで行きたいと思います!

大場:ことしは猛暑ですが、野外イベントばかりなので、見に来てくださるファンの方には体調管理に気を付けていただきたいと思いますし、メンバーも気を付けて過ごしたいと思います。私たちやファンの皆さんが盛り上がっているや音が届いて、新しい方が見に来てくれるかもしれないというチャンスでもあるので、ことしのファンの皆さんといいライブを作り上げてより多くの方に発信できるような、そんなにしたいと思っています。

■ 「第18回踊祭」SKE48ミニライブ セットリスト

M1意外にマンゴー

M2アイシテラブル!

M3パレオはエメラルド

M4「Gonna Jump」

M5よ、急げ!」

M6「いきなりパンチライン

M7「花火は終わらない」(ザテレビジョン

静岡・焼津で行われた「第18回踊夏祭」にSKE48が登場した