西日本鉄道 <9031> (本社:福岡市中央区 社長:倉富純男)は7月18日ベトナムロンアンベンルックにおいて、ベトナム南部の大手住宅デベロッパーであるナムロン インベストメント コーポレーション(本社:ホーチミン市会長:グエン・スアン・クアン)との共同分譲住宅事業「WATERPOINT (ウォータポイントプロジェクト」に着手すると発表した。総事業費は約316億円で、総区画数300を全4期に分けて開発し、2023年処に全区画の引渡し了をめざす。

 ロンアンは、ホーチミン市からで約45分の距離に位置する人口約150万人の都市。人の流動や近郊の工場開設に伴う雇用の増加等により、経済活動が活発である将来有望なマーケットとみられている。ホーチミン市への勤務者や近隣で働く人々などを中心に、多くの住宅需要が見込まれ、住宅開発が進んできているエリアでもある。

 「WATERPOINT (ウォータポイントプロジェクト」は、3000区画の戸建住宅を中心に、約165haにわたる大規模住宅開発。同プロジェクトの敷地内には学校病院バス停などの共用施設の他、スーパーマーケットなど暮らしを支えるための商業施設も配置される予定で、利便性の高い住環境提供する。

 また、同エリアからホーチミン市内に向けた高速バス通勤通学の時間帯は約5~15分間隔で運行する計画であり、西鉄がこれまで培ってきたバス事業のノウハウを十分に発揮し、共交通と一体となったまちづくりを行う予定になっている。

 第1期は2019年から着工し、550区画を販売する予定。

 西鉄では今後も、ベトナムや近隣のASEANにおいて更なる開発を推進していく計画だという。(写真は、「WATERPOINTプロジェクト」のイメージ図。提供西日本鉄道

西鉄がベトナムで総区画数3000超の大規模住宅開発プロジェクトに着手