マンCで昨季躍動もドイツ代表メンバーからまさかの落選

ペップサッカー”の申し子が、悔しさを力に変え新たなシーズンに挑む。

 マンチェスター・シティドイツ代表MFレロイ・ザネは、昨季のリーグ戦32試合10得点15アシストを記録したが、ロシアワールドカップ(W杯)のメンバーには選ばれなかった。母国が史上初の1次リーグ敗退という衝撃に見舞われるなかで、ドイツ国民は“ザネ待望論”を叫んだ。

 しかし、この経験が選手をより強くするという。英紙「デイリーメール」によれば、シティでザネの才能を引き出したジョゼップ・グアルディオラ監督は「もう過去のこと」だと話し、22歳の若武者にエールを送っている。

 シャルケで実績を積み、2016年にシティへと移籍したザネ。プレミアリーグ2年目の昨季はペップの下でレギュラーに定着し、PFA年間最優秀若手選手賞を受賞した。

 当然、ロシアW杯での活躍も期待されていたが、ヨアヒム・レーブ監督は「ギリギリの選出だった」としたうえでザネを選ばず、レバークーゼンのFWユリアン・ブラントをメンバーに加えた。そして迎えた本大会、ドイツメキシコと韓国に敗れるなど、史上初めて1次リーグで敗退するという屈辱にまみれた。攻撃が手詰まりとなったなか、ファンはザネ不在を嘆く結果となった。

ドイツ代表で力を証明するチャンスは来る」

「レロイは受け入れなければならない。この決定は彼をより強くする。彼はまだとても若いし、2年後には欧州選手権、4年後にもう一度W杯がある」

 こう語ったのは、グアルディオラ監督だ。ザネの実力に信頼を寄せる指揮官は、「レロイは受け入れ、前に進まなければいけない」と、その背中を押す。そして「ドイツ代表で力を証明するチャンスは来る」と、今後の活躍に期待を寄せた。

ペップの申し子”とも言えるレフティーは悔しさをバネに、さらなる飛躍を遂げることができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

グアルディオラ監督(左)はW杯で落選したザネ(右)の飛躍に期待している【写真:Getty Images】