タイ洞窟に取り残された少年たちを救うため、日本からも際協機構(JICA)の排の専門派遣され話題になったが、JICAの支援は技術分野だけではない。

 6月に出版された『世界を変える日本式「法づくり」――途上国とともに歩む法整備支援』文藝春秋企画出版部)は、約20年前にベトナムで始まったJICAの法整備支援の足跡をまとめた“言録”だ。

は法づくりの専門で、本づくりは門外なんですが(笑)、非常に勉強になりました」

 編集に携わったJICAの法整備分野のアドバイザーで弁護士の枝充志さんは、長期専門としてこの4月からベトナムに赴任している。

ベトナム法律や運用実態を把握しつつ、法・法制度の善を一緒に考えていくのはが深い作業です。これは価値の押しつけでは根づきません。長い時間をかけ、信頼関係を築いて取り組んでいくものです」

 とはいえ、急速な経済発展の渦中にあるアジアにとって、投資環境整備などのニーズに応えつつ、自の人々の権利・利益を保護する法・法制度の整備は焦の急。赴任して3カの枝さんも、40度を越す熱波の中、民事法整備や、ベトナム弁護士連合会の組織強化の活動に飛び回る毎日だ。

(「週刊文春」編集部)

枝川充志さん