亡くなったばかりの父親を背景に自撮りFacebookに投稿したセルビアモデルが、ユーザーから批判を受けアカウントを削除した。『Metro』『Mirror』などが伝えている。

セルビア在住のモデルで自称“歌手”のジェリカ・リュビチッチさんは父親の死後、その亡骸とともに自撮りをした写真をFacebookに投稿した。

写真は泣き顔と壊れたハート絵文字とともにセルビア語で「安らかに」という言葉を添えているが、ジェリカさんは口をとがらせてポーズを決めており、悲しそうには見えない。しかしジェリカさんは同時に、このような追悼メッセージを綴った。

「私たちは一生懸命に闘ったわ。でも死というものは私たちの意思とは関係なくやってくるもの。どれだけの寿命があるのかは、私たちには決められないこと。父は67年の生涯を閉じ、私たちを遺して旅立ったわ。あなたの娘であること、あなたが父であったことを嬉しく思う。どうぞ安らかに眠って。あなたはいつも私たちの心の中にいるわ。」

ところがこの投稿を見たユーザーからは、批判の声が相次いでしまった。

「写真を撮る余裕があるほど、父親を思っていなかったということよね。」
「こういうことができるのは最低な人間だけ。」
「自分の見たものが信じられないよ。この世には希望なんてないな。」

売名行為だと非難が殺到した後、ジェリカさんはこの投稿だけでなくアカウント自体も削除したようだ。

いいね!」欲しさに父親の死までも利用しているかのような行為に、この件を知った人からも「悲しい世の中になったもんだ。父親の死を自分のPRに使うなんて…」「こういう状況でもソーシャルメディアを気にするんだ」「批判されてもこういうことが良くないことだと気付かない人も多いよね」「父親へのリスペクトの欠片もない」といった声があがっている。

どんな状況でもカメラを構え、分別をわきまえずソーシャルメディアに投稿する人はあとを絶たない。6月にはイタリアで、電車事故に遭った女性を背後にして自撮りした男性の姿を偶然にもカメラに収めた地元ジャーナリストが「人としての倫理観はどこへ行ったのか」と男性の行為を強く批判した。

画像は『Mirror 2018年7月19日付「Pouting model branded ‘sick’ after taking selfie with dead father laying in hospital bed」(Image: CEN)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト