芸人やタレントがさまざまな都市伝説を紹介していく人気番組「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 2018夏 2時間SP」が7月27日(金)に放送される。Mr.都市伝説 関暁夫をはじめ、スピードワゴン・小沢一敬、マキタスポーツサバンナ・高橋茂雄、ずん・飯尾和樹、ジャングルポケット・斉藤慎二、かじがや卓哉、霜降り明星・せいや、あばれる君の9人の都市伝説テラーが登場し、とっておきの都市伝説をプレゼンする。

野性爆弾の2人は、伝説の深夜番組「やりすぎコージー」を彷彿とさせる爆笑のロケ企画を敢行!

今回は、その前半部分の収録の現場にザテレビジョンが密着!

ジャンポケ・斉藤が都市伝説テラーに初挑戦!

番組のトップを飾るのは、意外にも都市伝説テラーを務めるのは今回が初めてとなるジャンポケ・斉藤の「宝塚の歴史を変えた伝説のトップスター」。「心から尊敬している」と斉藤が語る、数々の伝説を残した宝塚のスターとは一体誰なのか? それはぜひオンエアでご確認を。番組冒頭で「変にボケられないし、しゃべりが立つタイプではないんですが、自分なりの結果を出したいと思います!」と意気込みを語った斉藤の熱いトークは必聴だ。また、斉藤の都市伝説を受けて、観覧ゲストの井上公造が美空ひばりの伝説の一端を語ってくれる。

続いての都市伝説は、“iPhone芸人”かじがや卓哉 の「あなたのスマホに忍び寄る恐怖の罠」。普段多くの人が便利に使っているフリーWi-Fiだが、実は“なりすまし”がある…という内容に、スタジオ中に驚きの声が上がる。簡単に情報が知られてしまうネットの恐ろしさに、「俺、疎いから分からんわ」という司会の今田耕司をはじめ、市川紗椰、的場浩司ら観覧ゲストも、自分のスマホに登録している友人のタレントの連絡先が漏れているのでは?と戦々恐々。かじがやが伝授する、罠を阻止する方法も要チェックだ。

前半では他に、マキタスポーツの「世界的名曲に隠された不気味メッセージ」 、ずん・飯尾の「ホーキング博士が追い求めた究極の研究」などが紹介される。

■ ロッシ―自ら「原点の『やりすぎコージー』感が出てます」と語る野性爆弾のロケ企画とは?

また、番組の後半では、 野性爆弾の2人が超常現象の真相に迫るロケVTR企画を敢行。「遂に暴かれた!超常現象の正体」と題し、戦国武将・新田義貞の次男である新田義興を祀る東京・大田区の新田神社を訪れ、伝説として語り継がれるパワースポットを紹介していく。さらに野爆の2人は、髪が伸びる人形などのいわくつきの物件を、神社の宮司さんに見てもらうことに。しかし、くっきーの自由すぎる言動のおかげで、超常現象の謎を解明するという本来の目的を果たせるわけもなく…!? 果たして、その場にいる宮司さんや巫女さんの反応は!?

「何といっても今回は、久しぶりの野性爆弾のロケがあります! 原点の『やりすぎコージー』感が出てますよ! 信じるか信じないかはあなた次第ですね!」(ロッシー)

「通常進行の関暁夫様率いる都市伝説テラー様方に加え、われわれ野性爆弾なる愚の芸人のブイチーアールもございます。ご堪能くださいまし。ほふほふほふ♥」

と、収録後に自信満々のコメントを残した2人。今回、ロケ企画ではなく都市伝説テラーとしての出演となったあばれる君が「隠しきれない嫉妬心が出てきました」と語った、くっきーの独特な世界観が随所に展開する、そのロケVTRは見逃せない!

そして後半戦は、Mr.都市伝説 関暁夫の「宇宙と交信する先住民族が持つ“第7感”」 からスタート。番組の顔とも言える関が語る都市伝説は、やはり一味違った内容となりそうだ。

他にも、あばれる君の「歴史を動かした暗殺事件の真相」、スピードワゴン・小沢の「夢の国に舞い降りたステキな奇跡」、霜降り明星・せいやの「背後に迫るストーカーの恐怖」、サバンナ・高橋の「あのグラミー歌手が激怒した本当の理由」などが語られていく。

ジャンポケ・斉藤と同じく、今回が都市伝説テラー初体験となる霜降り明星・せいやは、「ものすごい緊張感。ごまかしは利かないなと。実体験を踏まえた不思議な世界を紹介します」と、冒頭で緊張交じりにあいさつしていたが、果たして、ゲスト視聴者ストーカーの恐ろしさを感じてもらうことはできるのか!?

「どうもMr.都市伝説 関暁夫です♪ 今回の『やりすぎ都市伝説2018夏』の見どころは、いよいよ人類が迎えた新たな文明、“精神テクノロジー文明”の到来!…を伝える放送です! 『やりすぎ都市伝説』から発信されるメッセージをいち早くキャッチして、人類が進む方向を確かめてください! また今回は、今話題の芸人、野性爆弾さんがロケにも行っています! 普通じゃない、野性爆弾さんの新感覚のロケも楽しんでください! 他にも、たくさんのテラーが話す内容にも実はこれから人類が遭遇する危機が隠されていたりするので、アンテナを張って見てほしいです。信じるか信じないかはあなた次第です!」

と、関暁夫も熱いコメントを送ってくれた今回の「やりすぎ都市伝説 2018夏」。きっとあなたも、今回番組で語られる都市伝説を誰かに話したくなるはずだ。

なお、今回の収録を、吉本興業が主催している、放送作家や演出家などクリエイターの養成学校「YCC(よしもとクリエイティブカレッジ)」の生徒たちが見学。

「個人的にも都市伝説が好きで、この番組は欠かさずと言っていいほど見ています。実際に生で拝見すると、芸人の皆さんがそれぞれ真剣に話の構成を考えてきているのが分かりましたし、緊張感も伝わってきて。人前で話すのが苦手な自分にとっては、ただただ『すごいなぁ』と、話芸のプロの凄味を感じました」(23歳女性・構成作家志望)

テレビの収録現場を初めて見学させていただきましたが、こんなにも多くの人が動いて初めて1つの番組が出来上がるんだと実感しました」(22歳男性・放送作家志望)

…と、それぞれ実際の収録風景にいろいろな思いを感じた模様。現場の空気を味わった彼らが、スタッフとして制作する側として楽しい作品を作ってくれることを期待したい。(ザテレビジョン

9人の都市伝説テラーがとっておきの都市伝説をプレゼン!