ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター33階 代表取締役社長:松田 憲幸)は、7月26日に発表した、「POCKETALK」シリーズの次世代最新モデルPOCKETALK W」のイメージキャラクター明石家さんまさんを起用することを発表いたします。本日より第1弾として、ティザー動画「どういうこと!?」篇、「めちゃめちゃええやん」篇を公開いたします。

 今回、「ポケトークW」のイメージキャラクターとして、“お笑い怪獣”の異名をとる明石家さんまさんを起用しました。その国の言語が話せないと、聞きたいことを我慢したり、控えめに言ったり、どうしても普段の自分ではいられません。「ポケトーク」は“言葉の壁をなくす”をミッションに、世界中の人と自由にしゃべりまくることができる楽しさや面白さを感じてもらうための製品です。本製品の目指す世界を表現するうえで、明石家さんまさんがぴったり合致すると考え、起用に至りました。
 ティザー動画では、世界中の人々が高級テーラーショップに集い、会話を楽しんでいる中に、明石家さんまさんが現れます。なお、本セットはこれから予定する本編CMと同じ舞台です。映画のような世界観の中、世界中の人々を相手に、明石家さんまさんが日本語のままで、あのキャラクターのままで「ポケトーク」を使いながらしゃべります。

【 「POCKETALK」 ティザー動画について 】
「どういうこと!?」篇(15秒)
 世界中の人々が会話する店内・・・「 ポケトーク」を知らない明石家さんまさんが「どういうこと!?」と質問します。「ポケトーク」が、「What do you mean?」と瞬時に通訳。「ついにでた!夢の通訳機」というナレーションが入った後、「ポケトーク?」と興味を示す明石家さんまさんが登場します。
「めちゃめちゃええやん」篇(15秒)
 世界中の人々を相手に、「ポケトーク」を使いながら、日本語のままでしゃべりまくる明石家さんまさんが、こちら振り向き「めちゃめちゃええやん」と一言。「ポケトーク」が「めちゃめちゃええやん」を「Pretty good」と通訳します。「ついにでた!夢の通訳機」というナレーションが入った後、「ポケトーク」を持った笑顔の明石家さんまさんが「ぺらぺらやでー!」とコメントしています。

【 ティザー動画 概要 】
タイトル:「どういうこと!?」篇、「めちゃめちゃええやん」篇
・秒数:各15秒
・出演:明石家さんまさん
・公開日:2018年7月26日(木)
URLhttps://pocketalk.jp/special/2018/

【 「POCKETALK」(ポケトーク)Wとは 】
 「ポケトーク W」は世界74言語に対応した、手のひらサイズの通訳機です。話しかけるだけで通訳がいるかのように対話ができます。
 本体サイズはそのままに画面は3倍以上大きくなり、タッチパネルを採用。世界
105の国と地域で使えるグローバル通信機能を内蔵しているため面倒な設定は不要ですぐに使えます。通信は4Gに対応し、翻訳速度も向上、見やすさ、使いやすさ共に刷新しました。言語数はインド英語やオーストラリア英語などのアクセントにも対応し74言語(注1)に拡大、翻訳精度の向上も実現しています。
 なお本製品は弊社が開発したもので、今後世界中に販路を拡大する予定です。
                      (注1)2018年7月26日現在。

製品プレスリリース
http://www.sourcenext.co.jp/pressrelease_html/JS/2018/2018072601
詳細URLhttps://pocketalk.jp/

配信元企業:ソースネクスト株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ