STU48が昨日7月26日東京AKB48劇場にて2部制の出張演を行った。

【大きな画像をもっと見る】

7月16日大阪松下IMPホール演を皮切りに、新潟NGT48劇場、AKB48劇場、愛知SKE48劇場、東京ニコファーレ大阪NMB48劇場の全6会場の巡る出張演を行っているSTU48。昨日彼女たちは今年1月出張演以来、約半年ぶりにAKB劇場のステージに立ち、メジャーデビュー曲「暗闇」や初のオリジナル曲瀬戸内」を含む多セットリストを披露して約2時間にわたるパフォーマンスで観客を楽しませた。

演の自己紹介では、1人ひとりが隣のメンバーマスコットキャラクターふうの名前を考えて発表。磯花音キャプテン岡田奈々に、いつもスマートフォンを見ながら1人でニヤニヤしていることから“ニヤニヤ船長”と命名してファンを笑わせた。STU48に入ってよかったことをり合うMCでは土路生優里が「かわいい子に囲まれて暮らせることかな。STUメンバー、みんなかわいいと思いませんか!?」と客席に呼びかけると、磯に「『花音が一番かわいい!』って言ってた3後に『(薮下)ちゃんめっちゃかわいい!』って言ってるんですよ」と暴露され、「最近かわいいって言いすぎて信用を失ってる」と告白。また福田朱里は「仲よくなりたいAKB48メンバーは?」というトークテーマAKB48チーム8の小栗有以の名前を挙げ、「実はチーム8さんが大好きなんです!」とその理由を説明した。

演後にはマスコミ向けの囲み取材が行われ、今回の演でSTU48のメンバーとして初めてAKB劇場のステージに立った岡田は「すごく新鮮で、いつも立っている劇場なのにまったく別間に感じてしまって緊しました。AKB48に加入して7年を迎えて、そういう大事な時期に原点でありホームであるAKB劇場に立てて、めて劇場の大事さを感じたし、STU48で活動できることのありがたさを感じました」と心を吐露。さらに「正直、STUのみんながこんなにハードセットリスト難易度の高い楽曲をやっていることが信じられなくて。前回の出張演にべるとものすごい成長のさだなって思いました」「キャプテンとしてはみんなに頼りまくってます」とSTU48メンバーの成長に驚いていることを明かした。

また薮下は「今日はすごく余裕を持てて。ファンの方1人ひとりを見たり、曲によって表情を変えることができたり、すごく成長できたのかなと思ってます」と話し、岩田陽菜も「私は前回と同じくらい緊していたんですけど、ステージ立ってみたファンの人たちの反応とか、ちゃんと周りを見れるようになりました」と自身の成長を実感していることを報告。時期は未定ながらもオープンが予定されているSTU48の船上劇場については、薮下が「船上劇場ではほかのグループではできないことができると思うので、夢しかないと思います」とを弾ませる。岡田は「AKB48劇場のよさを船上劇場にも生かせればいいなと思って。AKB48劇場は柱が邪魔ってよく言われるんですけど、個人的には柱ありきの劇場って感じがして、船上劇場にも柱を立ててもいいかなと思います」と冗談交じりにり、石田千穂は「劇場は夢をえていく場所だと思うので大切にしたいし、名産物をいろいろ置いて瀬戸内のよさを広めていきたいです」とコメント。薮下の「私、乗り物酔いがすごくて」という船酔いへの不安には、由美子が「オフシャルかわいい袋とかどうかな」と公式のエチケット袋を作ることを提案し、報道の笑いを誘っていた。

なお今回の出張ツアーにあわせて、STU48による平成30年7月豪雨被災地への支援プロジェクト「がんばろう!瀬戸内」が始動。メンバーは握手会の会場に加え、NGT48劇場演からは頭での募呼びかけも行っている。野は「ファンの方以外にもを通りかかった新潟の方も募してくださってうれしかったです。これからも瀬戸内に貢献できることをしていきたいと思います」と募活動についてったほか、「引き続き募活動を続けていくのと、チャリティコンサートをやりたいです。あと被災していなくても観光客が減っているところがあるので、そういうところにたくさんの方が来てくださるようにSTU48としてもアピールしていければと思います」と瀬戸内への思いを述べた。

STU48 出張公演(※終了分は割愛)

2018年7月27日東京都 AKB48劇場
[第1部]14:30開演
[第2部]18:30開演

2018年7月28日(土)愛知県 SKE48劇場
[第1部]13:30開演
[第2部]17:30開演

2018年7月29日(日)愛知県 SKE48劇場
[第1部]13:30開演
[第2部]17:30開演

2018年8月4日(土)東京都 ニコファーレ
[第1部]13:30開演
[第2部]17:30開演

2018年8月17日大阪府 NMB48劇場
※詳細は後日発表

STU48出張公演より、東京・AKB48劇場公演の様子。(c)AKS