レノファ山口FCは27日、先月まで名古屋グランパスに所属していたブラジル人MFワシントンの獲得を発表した。背番号は「35」で、選手登録が完了し次第、公式戦での出場が可能になる。

 ワシントンは加入に際し、山口の公式サイトコメントを発表。サポーターへ挨拶し、喜びを語った。

サポーターの皆様、こんにちは!ワシントンです。山口に行くことをとても嬉しく思います。皆さんと一緒に頑張ってJ1へ行きたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします」

 現在31歳のワシントンは、2016年11月30日にブラジウ・ジ・ペロタス(ブラジル2部)から名古屋へ完全移籍で加入。昨季の明治安田生命J2リーグでは29試合に出場し、クラブのJ1昇格に貢献した。今季の明治安田生命J1リーグでも6試合に出場していたが、ブラジル人MFエドゥアルド・ネットが加入したことに伴い、6月29日に双方合意のもと契約解除が発表されていた。

レノファ山口FC加入が発表されたワシントン [写真]=Getty Images