6月に開票イベントが開催された「第10回AKBグループ世界選抜総選挙」で1位となったSKE48松井珠理奈が、センターを務める予定だったAKBの新曲「センチメンタルトレイン」(9月19日発売)に不参加となることが3日、所属レコード会社・キングレコードホームページで正式に発表された。

 発表によると、現在、体調不良で療養中の珠理奈が復帰し、歌唱パートなどを追加で録音・撮影ができるよう準備をしていたが、CDやDVD製造の最終締め切り間に合わず、「苦渋の決断」で予定通りのスケジュールでの発売を決定したことを説明。ミュージックビデオについては、将来的に再撮影・再編集の後、あらためて作品として完成させる予定だという。

 一部スポーツ紙によると、もともと新曲はセンターの歌唱パートがなく、楽曲構成の大幅な変更はなし。しかし、ジャケット写真にも珠理奈の参加が難しい状況だというのだ。

 「これまで、テレビライブでは新曲を披露しているが、センターポジションは空けたままでのパフォーマンス。珠理奈の不在については、総選挙2位のSKE・須田亜香里が釈明していた。しかし、そんな状況を続けるのも困難になったようで、ついに新曲への不参加を正式発表したようだ」(レコード会社関係者)

 ファンの支持を受け、初の総選挙1位を獲得した松井だが、せっかくの“晴れ舞台”となる予定だった新曲のセンターポジションには立てず。

 活動再開時期についても、まったく見通しは立っていないようだ。

 「どうやら、松井には“外出禁止令”が下されているようだ。当然、SNSの更新も禁止。そんな生活に珠理奈もそのうち疲れ果ててしまうかもしれないが、休養中は妥当な処分。年内いっぱいの休養となる可能性もありそうだ」(芸能記者)

 松井に投票したファンには心配な日々が続きそうだ。

松井珠理奈