迫害、スパイ活動、作曲家…激動の人生をメタルに乗せて

第二次世界大戦中に起きたナチスドイツによるユダヤ人は今でも伝えられているが、被害者たちの高齢化に伴い、その記憶の生々しさは薄れつつある。

そのホロコーストの恐ろしさを、別の形で伝えようとする96女性がいる。それも、しいデスメタルの旋に乗せてだ。

コチラのデスメタルおばあちゃんの名前は、インゲ・ギンバーさん。

彼女オーストリアの裕福なユダヤ人一家の元に生を受け、第二次世界大戦初期にスウェーデンに迫を逃れて移住。

複数の収容所を転々とした後に、アメリカの中央情報局からスパイ活動の要請を受け、ドイツ軍の偵察も行っていたという。また、終戦を6週間めたという「日の出作戦(オペレーション・サンライズ)」という作戦にも参加していたともいわれている。

その後、1人の夫のピアニストと結婚し、スイスチューリヒに移って音楽世界に飛び込んだ。

若いころのギンバーグさん

1949年に作曲としてのキャリアスタートさせると、スイスの著名なスターに楽曲を提供するようになっていったという。

しかし老年にはいると、手掛けた楽曲の人気は落ち、引退危機に迫られたという。

その時の彼女は、「人生はまさに孤独のでした。両親も親戚も全員亡くなり、友人もいなくなりました。私のいう事なんて人気にかけてくれませんでした。」と当時の事をっている。

そんな中、ペドロ・デ・シヴァというアーティスト作詞を手掛けているとき、メンバーの一人がこういったのだ。

「まるでデスメタル歌詞のようだ。」

その内容はというと、血と死をイメージした凄惨なものだったそう。それがデスメタルとの思わぬ親和性を生み、ギンバーグさんはしいメロディに乗せて歌う事となったのである。

こうして結成されたザ・トリトンキングは、アメリカ人気オーディション番組「アメリカズ・ゴッドタレント」をきっかけに多くのファンを集め、いまや”デスメタルおばあちゃん”として大きな人気を誇っている。

その後の地元メディアインタビューで、作詞の意図をこの様に話している。

私のすべての曲にメッセージが込めてあります。まず一つは、”取り替えられないものを壊すな“。2つは”死には抗えない、だから死を笑え“。
いつも私は笑っているわ。貧乏から持ちになったことに笑い、ホロコーストから生き残ってきた私のを笑っているわ。

彼女インタビューに込められている意味は分厚く感じられる。戦争を体験した感覚を、現代の感覚で伝えていく試みはとても興味深い。

 

参照元:WikipediaYoutube [1][2]

【カッコイイ…】ホロコーストを生き残った96歳のデスメタルおばあちゃんが爆誕!