(zorandimzr/iStock/Thinkstock)

居酒屋で客が支払いに使ったクレジットカード情報をメモに書き留め、通販サイト衣類などを購入したとして、居酒屋店員の男(35)が警視庁逮捕されたことが判明。

犯行動機とその供述に、ネットでは呆れのが相次いでいる。

■「バレないように」「金がなくて」

テレ朝NEWS」によると、逮捕容疑は今年3月。勤務先の港区居酒屋で、男性客が会計時に使ったクレジットカードの番号を書き写し、その情報を使って通販サイトでコートや腕時計などおよそ3万8000円相の物品を不当に購入したという。

なお、警察の取り調べに対し、男は「ばれないように額の低い商品を注文した」「当時、がなかった」などと話しており、容疑を認めているそうだ。

■「なぜバレないと思った」「アホすぎる」

この報道に対し、「4万は充分高いだろ」など、ネットでは呆れのが続出。

・どうしてバレないと思った?

・一番リスクの高いことやりましたね 額低くてもわかります

・ふつう考えればすぐバレるって思わなかったのかな?

・他人のお金使うのが38000円って十分高いと思いますけど

・バレるに決まってんだろ…なんてアホなやつなんだ

■「不安になる」の声も

また、一方では「氷山の一角なんだろうな」など、不安になった様子の人も。

セキュリティコードって、普通カードの裏に書いてあるもんなあ。ネットでしか使わないなら有効だけど、外で使ったらいくらでもこんな犯罪に巻き込まれる可性あるわな

海外とかでカードレジ裏に持って行こうとする店では絶対買わないって芸人が言ってるけど、日本外国人バイトやら多いから安心できなくなった

・知らないうちに使われてないか不安になってくるな

■カード明細を確認している割合は?

しらべぇ編集部が、全20代60代の男女1,342名を対に「クレジットカードの明細」について調したところ、全体では57.1の人が「きちんとチェックしている」と回答。

(©ニュースサイトしらべぇ)

とは違い、クレジットカードはちょっとした操作ミスで、額が入れ替わったり、二重会計されたり…などのリスクが起こりえるもの。

信頼できない店では店員任せにせず、支払いの際に不審な動きをしないか確認するなどの注意も大切かもしれない。

・合わせて読みたい→岐阜市職員が強制わいせつ容疑で再逮捕 「立場を利用したモミモミ」に絶句

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2017年6月2日2017年6月5日
:全20代60男女1342名(有効回答数)

客のカードでコートを購入 逮捕の居酒屋店員に「アホすぎる」と呆れの声