8月5日放送のTVアニメちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)で、“まる子の畜生発言”が話題に。今回もネット上で大反が起こっていたので、ネット民のと共に内容を紹介していこう。

 話題のエピソードは『まる子のでまかせ怪奇話』の巻。ある日、まる子たまちゃんが落ち込む藤木を慰めながら歩いている。藤木の掃除中に瓶を割ってしまったり、おつかいに行ったらお釣りをもらい忘れたりと災難が続いているそう。

 さらに藤木は「夏休み山さんに会えてないしな……」と、思いを寄せる山さんに会えないことを心の中で嘆いていた。そんな中、まる子たまちゃんは衝撃的なシーンに遭遇してしまう。

 なんと、を曲がった先のき地で山さん大野くんが手を握り合っていたのだ。幸い藤木を曲がる前だったため、まる子たまちゃんは全で行く手を阻むことに。そこでまる子が思いついたのは、き地に女の幽霊がでるという“でまかせの怪談話”を話して、藤木ビビらせるという作戦。大きなお屋敷に住んでいたが、植木職人とのが実らずショックで死んでしまったという話をするまる子。怖がった藤木き地を見ないようにして歩き、まる子作戦は見事に成功した。

 しかし問題なのはその後。藤木まる子の“でまかせの怪談話”を永沢に話してしまい、永沢が山田山根を引き連れ、肝試しすることになってしまうのだ。

 その一行と偶然遭遇したまる子。この日は親戚のみどりちゃんも一緒で、5人で肝試しをすることに。永沢から“き地に女の幽霊が出る”という話を聞くと、まる子藤木に話した“でたらめ怪談話”を思い出す。案の定、向かった先は例のき地だった。

 き地に着くと、山田が怯えながら木にの顔が浮かび上がっていると騒ぎ始めた。まる子が「違う違う、全然顔じゃないよ」と言ってなだめるも、「わぬを思い死んでしまったんだじょ。おいらにはそういう顔に見えるじょ」と恐怖する山田。するとまる子が「はぁ? 山田する乙女の顔なんてわかんないでしょ?」とぶった切り、山田は「それもそうか!」と言いながら爆笑していた。

 番組を見ていた視聴者からは、「怯えてる山田に対してヒドイ言い方www」「やっぱまる子は畜生だな」「山田バカにしすぎである」「相手が山田だからってきついこと言うのねwww」「やっぱまる子はこうでなくっちゃ」といった反が起こっている。

 怯える相手に追い打ちをかけるような言葉を放ったまる子。今度はどんな“畜生発言”が飛び出すのだろうか。

 なお、このでたらめ話は後にまる子自作したものだと藤木以外の皆に明かされることに。気になる山さん大野くんの密会については、山さんに怯えるところ大野くんに助けてもらっただけだったそう。藤木以外は誤解が解けたという、またしても藤木不憫な回だった。

ちびまる子ちゃん 公式Twitterより