アート引越センターでお馴染みのアートコーポレーション株式会社が、2018年8月3日~6日に開催された『秋田竿燈まつり』でスポンサーとして協賛している『下肴町竿燈会』が、竿燈妙技会(昼竿燈)にて2年連続の優勝を果たしました。
 アート引越センターでお馴染みのアートコーポレーション株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:寺田千代乃)が、2018年8月3日~6日に開催された『秋田竿燈まつり』で、スポンサーとして協賛している『下肴町竿燈会』が、竿燈妙技会(昼竿燈)にて2年連続の優勝を果たしました。なお、この『下肴町竿燈会』には、当社秋田支店の清水達也が所属しています。

 『秋田竿燈まつり』とは稲穂に見立てた竿燈が夏の夜空に揺らめき、五穀豊穣を祈願する270年もの歴史を持つお祭りです。竿燈の総数は約280本、提灯総数約10,000個という壮大なスケールで、『青森ねぶた祭』『仙台七夕まつり』と並んで東北三大まつりのひとつに数えられています。

 当社では、地方を一緒に盛り上げていくためのCSR活動の一環として、寺田政登副社長を中心に『さっぽろ雪まつり』(北海道札幌市)、『芦屋サマーカーニバル』(兵庫県芦屋市)、『目黒区まつり』(東京都目黒区)など地域に密着したお祭りへの協賛・協力を行っております。今回の『下肴町竿燈会』への協賛も、当社秋田支店の清水が長年参加してきた地域貢献の活動であることを鑑み、3年前から協賛をしています。なお、今回の協賛に伴いアート引越センターの『0123』のロゴを配した計36個の提灯が秋田の夜空を照らしました。

『下肴町竿燈会』の竿燈



<当社秋田支店の社員であり『下肴町竿燈会』のメンバーである清水 達也コメント
今回は副社長が来場するという事で正直プレッシャーもあったのですが(笑)、無事優勝できて本当にホッとしています。私はアート引越センター秋田支店で業務職の主任として、運行管理などを担当しています。私が3歳のころから30年近くこの竿燈まつりに参加しているのですが、そのお祭りを、勤務する会社が応援してくれるという喜びは格別ですね。昨年から、定休日が設定されて、練習のスケジュールが組みやすくなりました。また会社がそのサポートしてくれていることから、業務終わりの練習にも参加しやすい雰囲気もありますし、この追い風に乗って3連覇を目指していきたいと考えています。
清水 達也



<寺田 政登副社長コメント
「あなたの街の0123」をキャッチフレーズにする当社にとって、地域に愛されることは非常に重要であると考えています。地域にしっかりと根付いた企業でありたいという想いから、地域密着のお祭りへの協賛・協力も行っています。この竿燈まつりも、当社の社員が長い間参加し続けており、さらに好成績を残しているという、当社としてもこれ以上ない地域貢献ができるお祭りであると考え、喜んで協賛させてもらいました。当社では今後もこのような地域を活性化する取り組みへの協力を推進していく予定です。
竿燈妙技会 決勝での『下肴町竿燈会(Bチーム)』
竿燈妙技会にて優勝し、表彰される 『下肴町竿燈会(Bチーム)』
(左) 清水 達也(右)寺田 政登副社長

配信元企業:アートコーポレーション株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ