あおぞら銀行8月9日2014年より毎年実施している「シニアリアル調」の調結果を発表した。お盆の時期に子や孫にあげるお小遣い“お盆玉”の認知度が40に近付くなど、アツい“孫消費”の傾向が明らかになっている。

この調は、全55〜74歳の男女約2,000名を対に行われたもの。まず、“お盆玉”という言葉を知っているかをたずねたところ、その認知度は37.2%と4割に迫り、前年の28.9から8.3ポイント上昇した。ただ、男性ニア32.2%に対し女性ニア42.0と、女性男性を10ポイント近く上回っている。そして、今年“お盆玉”をあげる予定の人は33.5(前年1.9ポイント増)、その予定額は5,800円で、前年とほぼ同額(前年100円減)になった。

次に、子どもや孫の帰について質問。「帰してくる子や孫がいる」と答えた割合は64.4(前年1.3ポイント増)で、そのうち約半数が「帰にかかる交通費を負担している」と回答し、均負担額は30,100円(前年1,800円減)だった。加えて、子や孫が帰した際に使う額(交通費以外)は44,500円(前年1,600円減)となっている。

また、「孫のために購入したことがあるもの」についても質問。トップは「節句の人形雛人形・武者人形など)」(53.0)で、以下、「ランドセル」(46.3)、「自転車」30.5)、「七五三(着物レンタル写真撮影含む)」(30.1)、「入学(一部負担含む)」(28.9)と続いた。

購入経験者における均購入額では、「節句の人形93,400円、「ランドセル50,800円「自転車」30,100円、「七五三」44,100円、「入学」192,300円。最も高額だったのは「マンション・(頭・一部負担含む)」で4,940,200円だった。