高いプロ意識、並外れたプロポーション、過剰に振りまくフェロモンから「リアル峰不二子」とも言える存在が森下悠里(33)だろう。新米ママとして奮闘中の姿を、現場より中継!

──2月に第1子となる女の子を出産したばかり。

森下 私、産まれる3日前までお仕事していたんですよ。海外ドラマDVDイベントで、大きなおなかで出ていきました。

──さすがのプロ根性。グラビアのキャリアも長かったよね。

森下 本格的に活動を始めたのは06年でしたから、12年ほどやらせてもらいました。私がデビューした頃って、ハタチでもグラビアは遅いという風潮だったんですよ。10代の子じゃないと載せてもらえないという雰囲気の。

──それが、デビューと同時に風向きが変わった?

森下 そうです、ほしのあきさんの登場も大きかったし、壇蜜さんも出てきましたし。10代20代にはない色気ということで、30歳を過ぎても活動できたのはありがたかったですね。

──160センチ、B90・W55・H90という非の打ちどころがないボディで、腰を直角に曲げるなどの柔軟なポーズを難なくこなせるとあっては、需要が高いのは当然。DVDや写真集、グラビアなど膨大な撮影をこなしていますが、忘れられない瞬間とは?

森下 いつだったか忘れましたが、全長2メートル、重さでいったら20キロはある大蛇を抱えての撮影があったんですよ。蛇は暑くなると暴れるので、真冬だったけどスタジオの暖房を消し、直前まで氷漬けにしての撮影。ところが、抱えている私の体温で大蛇に熱が伝わっちゃうんですね。

──そうなると?

森下 大蛇は身の危険を感じてか、私の首やバストすごい勢いで巻きついてきました。さらに威嚇のためか、しっぽのほうからヘンな液を飛ばしてくるんです。もう、この世のものとは思えない強烈なニオイでした(笑)

──エロスの化身であるような蛇も、それどころではなかったか(笑)

森下 それと10年ほど前、ハチミツを全身に垂らしての撮影もありました。かなり高級なハチミツを用意してもらったのですが、撮影後に友達と岩盤浴に行ったら「悠里ちゃん、すごい湿疹ができてるよ」って。

──ハチミツって肌によさそうだけど。

森下 胸の谷間が1カ月は見せられないほど赤くなりましたし、お医者さんには「ハチミツは食べるもので、塗るものではない」と怒られました。

──残念なエピソードが続いたので、Gカップであるがゆえの得した話を聞きましょうか。

森下 もともとグラビアというか芸能界に行こうと思ってなかったのですが、やっぱり「胸が大きいね」と言われたからこそ、10年以上もお仕事ができたことでしょうね。映画やバラエティーも含めて、お仕事の幅が広がったのはバストのおかげだと思います。

──そして2月にママになったばかりなので、さらにバストが成長?

森下 はい、2サイズは上がってIカップになっていますね。私、完全に母乳なので、1日に1リットルは出ますね。毎日、3時間おきに授乳ですよ。

──お子さんにとっても、爆乳というのはメリットなんでしょうか(笑)

森下 あると思います。赤ちゃんを抱っこしてて、私の胸でスヤスヤと眠っていますから(笑)

──母性あふれる“乳枕”ですね。

アサ芸プラス