日本ボクシング連盟の会長職の辞任を発表した山根明氏が、報道に対して2本を突き立てた。

この行為について、「ナゾのピースサイン」と報じるメディアも出たが、ツイッターでは、「会長だけでなく連盟理事も、つまり計2役職を辞める」という意味だと摘し、「メディアバカさ」を批判するも寄せられた。のちに山根氏本人が「2本サイン」の意を説明することになるのだが、その「答え」は......

小倉智昭「何の意味も持たないでしょ」

山根氏は2018年8月8日大阪市内で「辞任」を発表した。何を辞任するのか、など詳細は説明せず、記者らの質問にも答えなかった。

会見後、自宅へ移動した山根氏は報道が押し寄せる中、右手2本(人差しと中)を立てながらから降りてきた。仕としてはピースサインと同じだ。記者らからは「そのサインは、会長と理事を辞めるということですか?」と質問が飛ぶ。山根氏は再度、2本を立てる。

この場面を受け、

山根会長、自宅前でピースサイン」(8日夕、サンケイスポーツ
山根会長ナゾのピースサイン報道の質問には言」(同、日刊スポーツ

といったニュースネット版)が流れた。

翌9日テレビ情報番組でも、字幕で、

山根会長に『辞任の意味』をただすと『ピースサイン』」(ワイド!スクランブル第1部<テレビ朝日系>)
山根会長辞任表明 直撃に言でVサイン」(とくダネ!フジテレビ系>)

などと表記されていた。ナレーションでも

「勝利のVサインを降りて、その後...」(とくダネ!

などの表現がされていた。

スタジオのやりとりを見ると、「ワイド!スクランブル」では、サインの意味について、「会長と連盟理事の2役職を辞めるのか」という質問に対する答えで、2役職を辞めるという意味にも受け取ることができると摘。「とくダネ!」ではMC小倉智昭氏が「あのVサイン、何の意味も持たないでしょ」と感想をもらしていた。

会長も理事も辞める、という意味だった

こうした報道を受け、ツイッターには9日正午までに、

「(記者からの辞任する役職に関する質問に)両方という意味でチョキを出したように見える。だからピースサインじゃない。報道もいい加減だ」
「2種類の職を辞任するんだ、と即座に感じたが、わざとらしくピースサインと勘違いするメディアバカさが立った」

などと、「ピースサイン報道批判するが相次いで寄せられた。論、中には「ピースサイン」をしたと理解し、

「笑ってしまった」
「アタマおかしいの?」

と、山根氏が状況に合わない反応を示したと受け止めた人もいた。

9日午後になり、毎日新聞ネット版、14時近く)が山根氏本人に話を聞いた内容を報じ、2本を立てたことについて「会長と理事を辞めるのかと聞かれたので、その2つという意味だった」と説明したことを伝えた。その後、民放各局でも、同種の報道が流れた。結局、「ピースサイン」や「Vサイン」ではなく、連盟の会長だけでなく、理事も辞める、ということを意味した仕だったことになる。

山根氏が会長だけでなく理事も辞めるとなると、連盟の新体制はどうなるのか。しばらく混乱が続きそうだ。

山根氏の辞任表明後に会見を開いた、告発した側の「日本ボクシングを再興する会」メンバーら(2018年8月8日撮影)