スタジオジブリの代表作の一つ、映画ハウルの動く城』(2004)が、10日9時より日本テレビ系金曜ロードSHOW!」にて放送される。ジブリ作品と言えば、ボイスキャストが毎回話題を呼ぶもの。本作に声優として集結したな顔ぶれに、めて注したい。

 宮崎駿監督を務めた『ハウルの動く城』は、呪いをかけられ90歳の老婆の姿になってしまった18歳少女ソフィーと、ハンサムだが弱魔法使いハウルの出会いを通して、生きる楽しさやの歓びを描いた物語ダイアナ・ウィンジョーンズの著書「魔法使いハウルと火の悪魔」を基にしている。

 ヒロインであるソフィー声優を務めたのは、倍賞千恵子少女ソフィーも老婆になったソフィーも倍賞が演じた。倍賞は題歌「世界約束」も歌っている。ハウルを演じたのは、木村拓哉。このキャスティング開当時、大いに注を浴びた。いまやジブリキャラのなかでも屈の人気を誇る美青年ハウルにふさわしい音で作品をっている。荒地の魔女役には、美輪明宏ジブリ作品では『もののけ姫』(1997)のモロの君のでもおなじみだ。

 ハウル子・マルクルにを当てたのは、子役時代の神木隆之介木は、邦画の行収入歴代トップ3である『千と千尋の神隠し』(坊役・2001)、『君の名は。』(役・2016)、『ハウルの動く城』のすべてに声優として出演しており、その実折り紙つき。そして、火の悪魔カルシファー修院達也が演じた。『千と千尋の神隠し』の声優を務めていることでもよく知られている修院の、特徴的なキャラクターをさらに印づける演技は、多くの人の心に残っているに違いない。

 ユニークなのが、北海道出身の演劇ユニット TEAM NACS森崎博之安田顕戸次重幸大泉洋音尾琢真という、5人が全員出演していること。キャラクターセリフを傾けて、それぞれの出演シーンを見つけてみるのもおもしろい。ちなみに、北海道が舞台の『思い出のマーニー』(2014)にも5人全員が出演している。ほか、『千と千尋の神隠し』に大泉安田戸次が、『猫の恩返し』(2002)には大泉安田が出演するなど TEAM NACSスタジオジブリ作品の関係は深い。(編集部・小山美咲

ソフィーとハウル - Studio Ghibli / Disney / Photofest / ゲッティ イメージズ