2018年6月30日介護事業所向けリハビリ特化SaaS「リハプラン」を開発する株式会社Rehab for JAPAN(本社:東京都品川区、代表取締役 大久保 )は、昨年2月から本年7月にかけてシードラウンド、シリーズAにおいてIF Lifetime Ventures(本社:東京都港区、代表パートナー 木村介)およびヘルスケア・ニューフロンティア投資事業有限責任組合(責任組合員:キャピタルメディベンチャーズ、本社:東京都港区、代表取締役 青木 武士)等から第三者割当増資により約1億円の資調達を実施いたしました。
本事業の背景
 世界に先駆けて日本高齢社会に突入し、介護市場はリハビリニーズが高まりを見せる中、医療機関で行われるリハビリテーションにべ、質・量ともに十全ではない事実があります。特にデイサービスを中心とした介護事業所では、要介護者の日常生活を支えるだけなく、病気をしていても、障がいがあっても、一人一人の標や的、QOL(Quality of Life:生活の質)を中心に据えたリハビリテーションを行い、生活機の維持・向上支援が益々められるようになります。
 一方で、その受け皿となる介護現場では、社会保障財政の逼迫および慢性的な人材不足を背景として、「自立支援」を推進する諸政策に対応できるだけのマンパワーと専門性の両立に悪戦苦闘しているのが現状です。
 だからこそ、「職種をえたリハビリ介護」をコンセプトに掲げ、私たちは要介護者の生活機が低下していくのを業種如何に関わらず未然に防ぎ、質の良いサービスを効率的に供給していくシステムづくりを提供すべく、介護事業所向けリハビリ特化SaaS「リハプラン」を開発いたしました。
 
リハプランについて

リハプラン
 「リハプラン」は2018年2月に正式版サービスローンチして以来、全のデイサービス様にご利用いただいております。その導入実績は2018年7月時点で100事業所を突破し、関わる要介護者の利用者人数は約5,000人になりました。
 今回の調達資をもとに、より高品質なサービスをより多くの事業所に提供するべく、組織体制強化およびサービス拡充を行います。
 今後はリハビリに関連する介護施設10,000事業所様への導入をすとともに、介護現場に勤務するリハビリ関係職員の皆さまの業務をサポートしつつ、より多くの要介護者の方々のリハビリを支援して参ります。
 当社が開発する「介護事業所向けリハビリ特化SaaSリハプラン」は、デイサービスに勤務する機訓練導員のリハビリを支援するサービスです。「職種をえたリハビリ介護を実現する」というサービスコンセプトを軸に、リハプラン上で要介護者ごとの身体状況や生活状況に応じたプログラムを自動で提案し、その結果を容易にグラフ化することができます。
 また、弊社にはリハビリ専門職を社内配置しているため、徹底したカスタマサポートITを組み合わせた体制により、リハ職不在のデイサービス様でも安心してサービスをお使いいただくことが可となります。

サービス概要
サービス名:リハプランhttps://rehaplan.jp/service
額利用料:14,800円-54,800円(税抜)
事業所規模により変動
:デイサービスショートステイ特定施設(有料老人ホーム等)
サービス詳細:
1.個別機訓練計画書の策定機および個別プログラム自動提案、身体機ADLアウトカムの出
2.運動プログラム1800種類以上、600セット(1セット8種類程度)
3.リハビリ専門職によるカスタマサポート
 
【会社概要
会社名:株式会社Rehab for JAPAN
所在地:東京都品川区西五反田 8丁8-15カーニープレイ五反田8階
代表者:代表取締役CEO 大久保
設立 :2016年6月
資本:5647万円
:創業者および従業員、服部 峻介(株式会社Seven Rich会計事務所 代表取締役社長)、IF Lifetime Ventures(本社:東京都港区、代表パートナー 木村介)、株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表取締役 青木武士)  
URL :http://rehabforjapan.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
電話:03-6712-7770
メールcontact@rehabforjapan.com
広報担当:戸嵩人

配信元企業株式会社Rehab for JAPAN

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ