現代ではかなり技術が発達し、日本製のコンドームでは0.02ミリや0.01ミリのものまで存在しますが、こうした避妊具はかなり昔から存在していました。

日本で初めてコンドームが登場したのは1900年代初頭のことで、当時はに遊で使用されていたといいます。しかし、ごわごわしていて品質はよくなかったとか。そんな粗悪品でも重宝された場所がありました。

それは、戦時中の軍でした。

陸軍お墨付きのコンドーム、名前のインパクトがすごい

大日本帝国陸軍付きのコンドーム、その名も「突撃一番」!驚きのネーミングの避妊具は、現在コンドームメーカー大手として知られる「オカモト」の前身である「理研護謨工業」が製造していました。

軍では肺結核や脚気などの病と同じくらい性病の伝染の強さに配慮しており、兵士健康管理に気を配っていました。

突撃一番もそのひとつ。軍では「兜」という名前の避妊具があったようですが、やはり「突撃一番」のインパクトはかなり強いのか、こちらのほうが有名です。

軍では衛生兵兵士突撃一番を配布し、さらに「秘膏」という性病予防の軟膏も配布するという徹底ぶりだったようです。

使用感はよくなかったらしい

さて、避妊具と性病予防まで配布を徹底して安心、とはいきませんでした。

兵士に配布したはずなのに、軍で病が蔓延する事態になったのです。「これはどういうことか」と調に乗り出すと、実は使用方法があまりよくわかっていなかった兵士が多かったのです。

避妊具は通常先端が精液だまりになっているのですが、使用方法がわからない兵士は細くなった先端までねじ込もうとして破れる、ということが頻発していました。

そういう事情があって何度か良されたようですが、技術的にははやり現代に劣ります。ごわごわと燥した避妊具は使用感が悪く、結局配布された避妊具を装着しない兵士があとを絶たなかったようです。

関連画像