【新定番 アウトドア遊び】
連日35え! 今年は120%猛暑である。はっきり言って何もする気にならない。遊びを除いては……。

【詳細】他の写真はこちら

昔からを取るのに一番手っ取りい方法は、大人子供遊びと言われていたかどうかは知らない。ただ、自然の中でと戯れていると猛暑のことなど忘れて、涼しく楽しいことだけは間違いないのだ。これからいよいよ夏休み本格シーズン。ここで紹介するような本気の遊びにじてみるのはいかがだろうか?

浮かべて流れろ!パックラフト
ウォータアクティティのなかでも、かなり手軽に遊べるパックラフト。静かな面にプカプカ浮かべて、緩やかな流れに乗って下るのもいいし、糸を垂らして釣りをするのもいいかもしれない。での脱はこれに限る!

パックラフト
PACKRAFT

小さく軽量な空気充填のボートで、軽量なモデルでは重量が1kg台のものもある。一般的なモデルでも2〜4kgのものがほとんどで、空気を抜いて折りたたんでバックパックに収納できるほど。空気の充填も慣れてしまえば数分で了でき、すぐに漕ぎ出せる。


でのんびり気分を味わうための新スタイル

アラスカで生まれたパックラフトは、もともとあらゆる地形を想定したのなかで、やフィヨルドを渡るために生み出された。そのため、持ち運びに適したサイズ、重量であり、空気で膨らませれば簡単にに浮かぶことができるように設計されている。バック“パック”に入れて運べる“ラフト”(=ボート)であることから、そう名付けられた。何より、収納性に優れているのででの保管にも困らないのがいい!

今回、埼玉県町でラフティングツアー会社を営む平井さんをガイドに、大人遊び〜のんびり編〜といった雰囲気で始まったパックラフトツアー、というより遊び。

「うちでもパックラフトダウンバーツアーをやっていますが、最近人気ですね。おだやかな静であれば、はじめての方でもものの10分での上を楽しく散歩できますよ」

実際に乗ってみると、浮も大きくパドルでの操作も簡単。

「ビギナーであれば、ホワイトウォーター(い波が立っている急流)を避ければ、心配なく遊べます」

ゆるい流れに乗せて、パックラフトを浮かべ、気の向くままにを行ったり来たり、平井さんは釣り糸を垂れて、それぞれに自由な時間を過ごす。パドルで漕ぐのを止めて座っていると、まるでソファーの上でくつろいでいるような気分になってくる。いわゆる都会の喧騒を離れて々というあれだ。

乗り降りも簡単なので、色のいい河原があれば、サッと上陸できる。また、乗り慣れてくれば、急流も下ることができるため、遊びの幅も広い。遊びに持っておきたいアイテムなのである。

でのパックラフトでは、がんばらない、が極意です
パックラフトに必要なパックラフト本体、パドル、ライフジャケットヘルメットをすべてバックパックに入れてもこのサイズ

空気を入れるインフレーションバッグの構造はとてもシンプル。口が大きく開いた袋状で、バサバサ空気を取り込み口を閉めて空気を閉じ込める。

空気がいっぱいに入ったインフレータブルバッグをぎゅっと潰すようにして、パックラフト空気を入れる。慣れれば、5〜6回で充填が了する。


インフレーションバッグで空気を入れたら素バルブを閉じる。仕上げに口で空気を吹き入れれば了。日向では空気が膨するので、空気入れは日陰で行おう。



バックパックから取り出して準備了まで、慣れれば4〜5分で済む。それからライフジャケットは忘れずに。乗る際には、浅瀬に浮かべてお尻から乗り込む。慣れるもなにも、簡単に乗り込める。

パックラフトは直進性に弱く、がんばって漕ぐよりも、一定ペースでゆるやかに進むといい。ただし、パックラフトの影を受けやすく、の強い日には、ある程度がんばりましょう。

まるでリビングでくつろぐようにで過ごす
荷物の運搬にも長けているパックラフト自転車を載せるツワモノもいる。登山と組み合わせてもいい。この日は、平井さんが釣り具を持って乗り込んだ。釣りとの相性はかなり良さそうで、ポイントを移動する際にも便利に使える。

手軽なウォータアクティティの決定版

ココペリ
ニルヴァーナ
価格:17640円
艇内に入ったを自動で排してくれるセルフベイラー搭載したモデル。安定性の高い背もたれも装備する。収納時も、H66cm×W3cD18cmとコンパクト。問い合わせ先は、モンベル。

Profile
日本でたった6名のラフティング協会マスターガイド!

平井 さん:Guide
日本国内で6名しか認定されていない、ラフティングのマスターとして活躍。また現在は、河川救助のインストクターとして数多くの講習も行なっている

DATA

アムスハウスフレンズ/
住所:埼玉県秩父中野560
電話:0494-26-6906

ラフティングが盛んな長町でくからリバーSUPやパックラフトを取り入れているアムスハウスフレンズ水着タオル、濡れてもいい靴さえあれば、さまざまな遊びが楽しめる。いつでも最高の思い出を残してくれるのである

※『デジモノステーション2018年9月号より抜

text頓所直人

photo英悟(GREEN HOUSE)識者平塚
(d.365
掲載:M-ON! Press