さんみたい...」「北朝鮮とは思えないほど平和写真」――北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長の「クールビス」姿について、SNS上ではこんなが多数挙がっている。

酷暑のためか、はたまたイメージ戦略の一環か。これまでの印を変えるような装いを現地メディアに披露した。

白シャツ姿を披露

2018年8月8日付の朝鮮労働党機関「労働新聞」は、金正恩氏と(リ・ソルチュ)夫人らが金山(クムサンポ)辛加工工場を視察したと報じた。日時は不明。

面には視察の様子を収めた写真32枚掲載され、1面では金正恩氏の姿が大きく取りあげられた。

この日の装いは普段と打って変わり「仕様だ。同行した党幹部は軍服を着用する中、金正恩氏はグレーのスラックスに半そでのいシャツ、頭には麦わらふうの帽子をかぶるカジュアルな装いだった。現地に到着した際はグレーの上下いだったため、途中で上着を脱いだとみられる。

8月6日付の労働新聞を見ると、三(サムチョン)ナマズ工場を視察した際も同様の格好だった。それまでの視察では長袖のシャツにグレーのスラックスが「定番」で、上着を脱いだ姿は確認できなかった。

朝鮮中央テレビによれば、7月末から8月にかけて内の複数地域で最高気温が40度をえ、記録的な猛暑が続いているという。

年初にも服装が話題に

この「衣替え」は日本で話題となり、SNS上では「ただの優しいおじさんにしか見えないw」「好感度あがった」と好意的なが少なくなかった。

金正恩氏の装をめぐっては、2018年の「新年の辞」にグレースーツ姿で登壇した際も話題となった。17年に初めて人民でなくスーツで臨み、18年はより明るい色に身を包んだためだ。

AFP通信は韓国統一研究院の見方として、「平和イメージを打ち出し、核保有という地位の確立を受けて落ち着いた精状態を反映させることを狙ったものと考えられる」と伝えていた。

今回の軽装は、庶民な一面を見せることで「清廉潔」さをアピールする狙いがあるのかもしれない。

労働新聞より