ネット上でたびたび問題になっている芸人の“炎上商法”。その代表格と言える元『モーニング娘。』の辻希美は、自身の子育てエピソードを発信するたびに「非常識!」と批判を浴び、ブログ炎上させている。

 それによって600万円以上もの収入を得ているというから、本人はやめるつもりなど毛頭ないだろう。

 しかし、最近では“炎上商法はスルー”という傾向が急速に広まりつつあるようだ。

「もともと、ネット上では常識からかけ離れた言動や行動は“たたかれる”傾向が強いのですが、わざと炎上をもくろんでいる芸人に対して過剰に反応することは、結果的に彼らの術中にハマってしまうと皆が気付き始めたのです。特に芸人のブログ収入ランキングが流出してしまってからは、騒げば騒ぐほど自分たちがどれだけ“養分”になっていたかが分かってしまいましたからね」(芸記者)

 実際に、炎上商法があまりに露だったために、も相手にしなくなって消えてしまったタレントもいる。

お笑い芸人狩野英孝人として注を浴びた加藤紗里も見掛けなくなりましたね。一時は狩野浮気が発覚するたびに話題になっていましたが、あまりにも露炎上発言は、次第に飽きられてしまいました。カープの優勝にかこつけて“カープ女子”をアピールしたのもファンの怒りを買いましたね。最近はツイッター自民党甘利明衆議院議員三原じゅん子参議院議員とのツーショットを披露していますが、もはや“ただの立ちたがり”としか見られていないでしょう」(同・記者)

 また、最近、急速にブログアクセス数を伸ばしているのが、元TBSアナウンサー小林麻耶。しかし、これも突然結婚報道があったためで、その後の引退報道インスタ開設を見たネット民からは“総スカン”を食らっているという。

8月8日アップされたブログでは『昨カラオケに行きました!!! ひとりカラオケが好きでしたが、ふたりも、なかなか楽しいものですね』と、暗に夫とカラオケを楽しむ姿を報告しましたが、ネットでは『だから何?』『芸人じゃないんでしょ。くだらない日常いちいち報告するな!』など、散々でしたね。現在ブログ人気は、の闘病に献身的に尽くした“同情票”で支えられています。果たしていつまで持つかは疑問ですね」(スポーツ記者)

 小林は6日の投稿でも、芸記者に直撃を受けたことを報告し《私のことも、載せないでくださいね!!!》と訴えていたが、アンチからは「これってダチョウ倶楽部の“絶対に押すなよ!”と同じだよね」と失笑を買っていた。

 のためなら炎上もいとわないという安易な考え方は、そろそろめる時期に来ていると言っていいだろう。