sirabee20180319inaka000

rustyfoxiStock/Thinkstock/写真イメージです)

開催されるはずだった成人式が、出席者がゼロだったために延期される…そんな事が青森県のとある村で起こり、ネット上で話題になっている。

■出席者ゼロで成人式が延期に

成人式が延期されたのは青森県にある西屋(にしめや)村。

産経ニュース」によると、この村では例年、県外に進学、就職している若者が帰しやすいお盆期間に成人式を開催していた。

今年も11日にされる予定だったが、対者である13人(男6人、女7人)に葉書きを送ったところ、返信がなかった1人を除く全員から欠席の連絡が届いたそう。

県教委によると、「対者は仕事就職活動で多忙なのだと思う。活躍していると前向きに受け止め、の開催を準備したい」とのことで、12月1月に再び開催する予定だという。

ちなみに、この村は青森県西部にあり、人口はおよそ1300人と、県内でもとくに少子化・過疎化が進んでいる地域だ。

■驚きの声が相次ぐ

この報道に対し、ネットユーザーからは驚きと嘆きのが相次ぐことに。

過疎で対者すらいなくなってしまうだろう

・今は正月でも休みなし、24時間営業の業態が多いからね

にやったら晴れ着きれないもんね

・案内きたけど行く?帰しないから行けない。じゃ私も行かない。だな。オラもやめとくわ。ってラインが想像できる

成人式1月成人の日に行うもんだよ。今の調子だと365日いつでもOKにしないと参加してくれませんよ。行政の迎合に若者がれちゃった結果だね

■成人式は時代遅れ?

また、一方では成人式の存在意義に疑問を呈する人も。

成人式というものも、もう時代錯誤なんじゃないか

成人式は必要ないと思う

・仮に一人だけ参加の意思を表明したらどうなってたんだろう。理に開催する必要はいんじゃないかな

■「成人式廃止派」は4人に1

しらべぇ編集部では全20代から60代の男女1,365名を対に、成人式止の是非について調を実施。その結果、「止するべきだ」と答えた人はおよそ4分の1という結果に。

(©ニュースサイトしらべぇ)

成人式止すべし! と思っている人は、意外と(?)少ないようだ。

だが、今回の事例を見るに、「止はしたくないけど、止しなければいけなくなる」村や町も、近い将来増えてくる…そんな可性も考えられそうだ。

・合わせて読みたい→飼い犬がヒグマに襲われて… 飼い主が見た「凄惨すぎる光景」に言葉を失う

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2016年12月16日2016年12月19日
:全20代60代の男女1365名(有効回答数)

出席者ゼロで成人式が延期 青森県の村で起こった「少子化の現実」に驚愕