内最大級のジャズフェスティバル『第17東京JAZZ』が、2018年8月31日)~9月2日(日)の3日間、NHKホールおよび代々木公園ケヤキ並木にて開催される。

このほど、観覧無料の「the PLAZA」(代々木公園ケヤキ並木)の追加出演アーティストとして、小曽根 presents JFC All Star Big Band民謡クルセイダーズ、The Steve McQueens、 3組のアーティストが追加され、合計14組のラインナップが出そろった。

小曽根真 presents JFC All Star Big Band

曽根 presents JFC All Star Big Band

これに伴い全演のタイムスケジュールも発表。「the HALL」(NHKホール)でのライブは「1組の演奏時間が短い。 もっと長くじっくり聴きたい」というリクエストに応え、今回は従来の1演3組から1演2組に絞り、1組あたりの演奏時間を75分、2組合計で150分に拡大された。


この「the HALL」9月1日(土)の演に出演するコーネリアスは、『東京JAZZ』で新曲を初披露することが決定。また、9月2日(日)のトリを飾る渡辺貞夫は、自身のライフワークともいえるビッグバンドで、選りすぐりのメンバーたちと共にオリジナル曲を中心に演奏するという。 

 

「the HALL」は再入場可で、休憩時間には観覧無料の「the PLAZA」の演奏を楽しむもよし、フードやドリンクで気分転換もできる。