ポグバショーゴールで手堅く勝利を収める

 イングランドプレミアリーグ2018-19シーズンが開幕した。金曜オープニングゲームでは、昨季2位マンチェスター・ユナイテッドが本拠地でレスター・シティに2-1で勝利。ロシアワールドカップW杯)優勝メンバーフランス代表MFポール・ポグバがPKで先制ゴールを挙げ、後半38分にイングランド代表DFルークショーが追加点、相手の反撃を1点に抑えた。

 試合開始わずか2分、ユナテッドは左サイドから攻め込み、FWアレクシス・サンチェス斜め45度の位置から思い切り良くシュート。DFウェズ・モーガンブロックされたが、こぼれ球をクリアしようとしたDFダニエルアマティがペナルティエリア内でハンドを犯し、PKが宣告された。

 これはキャプテンとして先発したポグバキッカーを務め、ゆっくりとした助走からゴール右上隅に決めて開始3分で均衡を破った。

 レスターも同29分にパス交換で相手の守備を崩すと、ボックス内でパスを受けた新戦MFジェームズ・マディソンが右足でシュート。しかし、ユナテッドの守護GKダビド・デ・ヘア右手一本で弾くスーパーセーブを披露して立ちはだかった。

 ユナテッドは新加入のブラジル代表MFフレッジや、1トップ先発したイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードらが精を欠くも、先制ゴールを決めたポグバや守備の要であるコートジボワール代表DFエリックバイリーが安定したプレーチームを引き締めた。

 後半38分にはスペイン代表MFフアン・マタのお立てから敵まで攻め込んだショーが追加点。ショーに厳しい批判を続けていたジョゼ・モウリーニョ監督も、ガッツポーズで喜びを爆発させた。

 レスターも終了間際のアディショナルタイム3分に、後半18分から途中出場していたイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが1点を返すも、わずかに及ばなかった。これでプレミアリーグ3季連続のスタート。なお、ロシアW杯日本代表のFW岡崎慎司ベンチ外だった。


Football ZONE web編集部)

決勝ゴールを挙げたDFショー【写真:Getty Images】