プレミアリーグ開幕戦、マンチェスター・ユナイテッドvsレスター・シティが10日に行われ、2-1でユナテッドが勝利した。レスターのFW岡崎慎司はベンチ外だった。

昨季プレミア2位ユナテッドは、立った補強なく新シーズンを迎えた。開幕戦のピッチにはフレッジのみ新戦が立ち、インターナショナルチャンピオンズカップに出場していなかったではポグバ先発となった。その他、ルカクヤングフェライニらワールドカップ(W杯)出場組はベンチスタートとなった。

一方、レスターW杯で活躍したマグワイアやGKシュマイケルらの引き留めに成功。新戦ではマディソンやリカルドペレイラが先発となった。

3トップに右からマタ、ラッシュフォード、サンチェス、中盤インサイドポグバとフレッジ、アンカーアンドレアスペレイラと並べる[4-3-3]で臨んだユナテッドは、開始2分にPKを獲得する。サンチェスシュートがディフレクトしたルーボールを処理にかかったアマルテイがボックス内でハンドを犯し、ユナテッドにPKが与えられる。これをキッカーのポグバが決めてユナテッドがあっさり先制した。

一方、イヘアナチョとマディソンを2トップに据えるフラットな[4-4-2]で臨んだレスターは、徐々に攻勢を強めると29分に同点のチャンスリカルドペレイラの右クロスを受けたマディソンがトラップからシュートの左を捉えていたがGKデ・ヘアに右手一本によるファインセーブで防がれた。

PKで先制して以降チャンスのなかったユナテッド40分、フレッジの浮き球パスからボックス内に走り込んだサンチェスがヘディンシュート。しかし、の上に外してしまい、前半を1点のリードで終えた。

後半もレスターが押し込む中、カウンターを狙うユナテッドは56分にダルミアンがGKシュマイケルを強襲。思うようにユナテッドの守備を崩せないレスターは、63分に2枚代えを敢行。マディソンとアマルテイに代えてヴァーディと新戦のゲザルを投入した。ゲザルは右サイドハーフに入り、リカルドペレイラが右サイドバックに下がった。

対するユナテッドはラッシュフォードに代えてルカクを投入。オープンな攻防が続く中、75分にレスターに決定機。ヴァーディがショーからボールを奪って右サイドからクロスグレイボレーで合わせるとシュートを捉えたが、GKデ・ヘアの好守に再び阻まれた。

すると78分、ユナテッドに追加点のチャンス。サンチェスラストパスを受けたボックス中央のルカクGKと一対一に。しかし、シュートはシュマイケルセーブされてしまった。

それでも83分、マタのフィードを受けたボックス左のショーリカルドペレイラを交わしてゴール右へシュートを流し込み、ユナテッドに追加点が生まれた。

2点を追う展開となったレスターは追加タイム2分、リカルドペレイラのクロスが左ポストに当たったルーボールヴァーディが頭で押し込んで1点を返すも、ユナテッドが2-1で逃げ切り。開幕戦を勝利で飾っている。

サムネイル画像