お盆休みを控え、子どもを連れて夫の実家に帰する計画を立てている人も多いのではないでしょうか。一族が集まる重な機会である一方、「」の立場にある女性は気を遣う場面が多いもの。とりわけ、義とのコミュニケーションが、その後の関係性を左右することもありえます。

 帰時、義とのコミュニケーションで気を付けるべきことは何でしょうか。20年間、学習塾を経営し、著書に「1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ」(日本実業出版社)などがある、子育て本著者・講演立石子さんが実例と対処法を紹介します。

社交辞令」と「褒め言葉」に注意

 女性にとって、夫の実家に帰するのは緊と不安がつきまとうものです。特に義とのコミュニケーション神経質になってしまう女性は多いと思います。

 しかし、気を遣っているのは義も同じです。義が「よそよそしく、他人行儀にならない態度」を意識して、「そろそろご飯にする?」「先にお風呂に入ってね」など、フレンドリーな“タメ口”で話しかけてくることがあるかもしれませんが、この時、「うん、じゃあ先に入るね」などとつられて同じような話し方で応対すると、義に「失礼な言葉遣いだ」と思われてしまいます。

 たとえ、仲がよい関係性だとしても、義はあくまでも「夫の母親」であり、人生先輩です。友達と会話するような言葉遣いで話しかけられても、こちらからは「ですます調」の丁寧で答えるようにした方が賢明です。

 特に気を付けたいのが「社交辞令」です。食事の準備や掃除の際、義から「手伝わなくていいから、あなたはゆっくりしていて」とをかけられた場合、これを字面通りに受け取り、ゆっくりくつろいでいたら、「礼儀知らず」「厚かましい」と思われてしまうかもしれません。「手伝わなくてよい」と言われても、積極的に手伝う姿勢を見せるのが難です。

 ただし、手伝うことによって義の「普段の生活スタイル」を乱してしまうのはNG。例えば、洗った食器のいつもの収納場所がわからず、適当な場所に片付けてしまうと、義をイラッとさせてしまう可性があります。「細かいかも…」と思うようなことでも一つ一つ聞き、相手の普段の生活を崩さないよう、気配りを欠かさないことが大切です。

 また、義とのコミュニケーションにおいて、意外な盲点となりやすいのが、「スリムですね」「お若く見えますね」などの「褒め言葉」です。義の中には「を評価する」ことに不快感を抱く人も少なくありません。場合によっては、「スリム=やせこけている」「お若く=若作りしている」など、ひねくれた見方をされてしまう可性もあります。

 義を褒めるつもりで言った場合でも、相手にとっては皮に聞こえる場合があることを心に留めておいた方がよいでしょう。

 誤解のない褒め方として、「見えますね」ではなく「本当にお若いですよね」という言い方をする方法や、「○○子ども)がいつも、『おばあちゃんはいつもスリムできれい』と言っているんですよ」など、孫をにする方法も有効です。

ありがた迷惑な厚意、どう対処する?

 義からの「ありがた迷惑な厚意」が、帰時の悩みのタネだという人も少なくありません。気持ちはうれしいし、険悪にはなりたくないと思うと、対応が難しいものです。以下に代表的なケースとその対処法を紹介します。

趣味ではない品物を贈られる】

普段、母親センス子どもを選んでいるという家族は多いと思いますが、義から自分の趣味とかけ離れたセンスプレゼントされ、正直困った経験のある人もいるのではないでしょうか。

こうした時、すぐに手荷物の中にしまうと「着せる気がない」と思われてしまうかもしれません。受け取ったらお礼を伝え、可であればその場で子どもに着せましょう。もしくは、帰中にそのを着せて出かけるのもよいですね。いずれにせよ、「自分が贈ったを着ている孫の姿」を一度見せておくのがよいと思います。

子どもお菓子おもちゃを与えてくる】

子ども健康を考え、お菓子や添加物の入った食品を控えるよう心掛けている母親は少なくないでしょう。しかし、帰すると、孫に喜んでもらおうと義がたくさんお菓子を与えてくる場合があります。

こうした時、子どもに「食べたらダメ」「少しだけにしておきなさい」などと言いたくなるものですが、義がせっかく出してくれたものに対して、ストップをかけるのはNGです。また、たとえ普段は食べさせない方針であったとしても、そのことを義に伝えるとが立つ可性があるため、控えた方がよいでしょう。

普段はダメと言われているお菓子について、子どもが「どうしておばあちゃんのなら食べてもいいの?」と疑問に感じる様子を見せるかもしれません。そんな時は「おいしそうね。今日は特別の日ね」とをかけ、食べてもよいことを自然に促してあげてください。

おもちゃについても、庭内では、買うのは誕生日クリスマスだけと決めているのに、帰のたびに義が買ってくれる場合もあります。こうした時も素直に甘え、ありがたく頂くようにしましょう。

 結婚を機に家族となっても「本音と建前」を使い分けるのは難しく、の関係性には悩みが尽きないものです。夫の実家で過ごす数日間は「郷に入っては郷に従え」を意識し、相手ののやり方やルールに従いながら、丁寧なコミュニケーションで気持ちのよい関係を築いていきましょう。

文/構成・ライフスタイルチーム

義母とのコミュニケーション、どうすべき?